コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャ

デジタル大辞泉の解説

しゃ【赭】[漢字項目]

[音]シャ(呉)(漢) [訓]あかつち そお
あかつち。「赭土代赭(たいしゃ)
赤い。「赭顔
[難読]真赭(まそお)

そお〔そほ〕【×赭】

赤色の土。また、その色。上代、顔料などに用いた。赭土(そおに)。
「仏造る真―足らずは水溜まる池田の朝臣(あそ)が鼻の上を掘れ」〈・三八四一〉

そほ【×赭】

そお(赭)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そお【赭】

色の赤い土。顔料に用いた。赭土そおに。 「まかねふく丹生のま-の色に出て/万葉集 3560

そほ【赭】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

赭の関連キーワードべんがら(弁柄∥紅殻)ウーフー(蕪湖)特別市ウィリアム[2世]隈取り・暈取りタシケント千金甲古墳ハルシャ革前田利保馬場大助岩絵の具加藤文琢飯室楽圃キンギョビスマス馬場仲達豊田養慶浅絳山水飯室昌栩はんや舞采石磯

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赭の関連情報