内曇(り)(読み)ウチグモリ

デジタル大辞泉の解説

うち‐ぐもり【内曇(り)】

上下に雲形(くもがた)を漉(す)き出した鳥の子紙。色紙や短冊に用いる。普通は上を青く、下を紫にするが、凶事にはその反対にする。雲紙(くもがみ)。
京都市右京区鳴滝産の砥石(といし)。卵色に紫の模様がある。主に刀剣用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うち‐ぐもり【内曇】

〘名〙
① 鳥の子紙の一種。上方に青色、下方に紫色の雲形(くもがた)を重ね漉(す)きした厚手の紙。色紙や短冊などに用いる。普通は青雲を上、紫雲を下にして用いるが、仏事、追善などの歌の場合は、これを逆にして用いる。雲紙(くもがみ)
※山槐記‐応保元年(1161)一二月二七日「参進賜御書〈無薄并下絵但有内陰〉」
② 懐紙、短冊などの紫の雲形。
※虎明本狂言・連歌十徳(室町末‐近世初)「かけたるくゎいしのうちぐもりに神かくれしてうせにけり」
③ 杯の一種。土器(かわらけ)の内側に黒く三つ星の模様があるもの。
※狂歌・大団(1703)一「たとへなばさすかはらけのうちをさへて待も月の御ためか」
④ 砥石(といし)の一種。京都市右京区の鳴滝山から産出する。黄白色に紫色の模様がある。刀剣をとぐために用いる。鳴滝砥。〔日本山海名産図会(1799)〕
[補注]①について、一説に、吉凶によって、上下を逆に用いるということはなく、紫を重んずるとき、たとえば「伊勢物語」の「春日野の若菜の」の歌を書くときは紫を上にする〔安斎随筆〕。同様に、冷泉家では、春夏には青色を上に、秋冬には紫を上に用いるという〔嘉良喜随筆〕。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内曇(り)の言及

【雁皮紙】より

…各色に染めた薄様を重ね合わせ,中間色になる効果を楽しむなど,半透明の雁皮紙の特色がよく生かされている。また料紙を飾っている内曇(うちぐもり)や飛雲(とびくも)などは,いったんつけ染やはけ染などで染紙にした雁皮紙を,叩解(こうかい)して着色した繊維に戻し,再びすき合わせたものである。内曇の技法は現在も越前紙に伝承されており,小間紙(美術紙)にはガンピを生かした手法が多い。…

※「内曇(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android