車庫法(読み)しゃこほう

  • しゃこほう〔ハフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自動車の保管場所の確保等に関する法律」の通称。激増する車保有と駐車場不足から,これまでさまざまな駐車問題が起きていたが,これに対応すべく,1991年7月に改正法が実施された。これによると,東京 23区および大阪市内では軽自動車にも車庫の届け出を義務づけ,車庫を変えた場合にも届け出が必要になり,車両にはステッカー (保管場所標章) を張るなどとしている。こうした対策により,都市での違法駐車は減ったものの,一方で駐車場不足や料金の高騰を招くことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

〈自動車の保管場所の確保等に関する法律〉が正式名称(1962年制定)。自動車保有に際して車庫の保有を義務づけ(警察による車庫証明書が必要),青空駐車を禁止する。違法駐車対策として,1991年より軽自動車も東京23区と大阪市内で車庫の届出が義務づけられた。各警察署長発行のステッカーを車両に張らなければならない。また,車庫を変えたときも届出が必要となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「自動車の保管場所の確保等に関する法律」の通称。都市部を中心にモータリゼーションの進展により、交通事情が急速に悪化したことから、1962年(昭和37)に制定されたもので、自動車保管場所証明制度の導入となった。しかし、渋滞や事故の原因になる違法駐車が深刻化し、その対策のため、91年(平成3)7月、改正法が施行された。車庫について行政手続が不要だった軽自動車についても、東京23区と大阪市内では警察署に車庫の届け出が義務づけられた。この届け出義務適用地域は、段階的に拡大されることになっている。また、現行の登録車を含め、車庫をかえたときも届け出が必要になった。このほか、保管場所標章制度が新設され、車両には、警察署長発行のステッカーを貼ることになり、虚偽の届け出や不届けの場合には罰則が適用され、青空駐車の罰金額も引き上げられた。

 改正法の施行を挟んで、瞬間路上駐車台数は、減少を続けており、1990年から93年にかけて、東京都内では約23万台から約19万台に、大阪府内でも約37万台から約32万台に減った。また、全国11か所で実施した夜間の長時間違法駐車台数も各地で24~87%の減少になった。

 違法駐車急増の背景には、他人名義などの不正手段で車庫証明を取得する「車庫とばし」の横行も一因だったが、これらを含め車庫法違反の摘発は、1992年1年間で約7200件にのぼり、改正法施行前の2倍に急増した。一方で、地域によっては駐車場不足や料金の高騰が問題となっている。

[五味稔典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android