コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍艦島 ぐんかんじま

知恵蔵の解説

軍艦島

長崎市の西方約19キロメートルの沖合に浮かぶ島。長崎県長崎市(旧高島町)に属する。面積6.3ヘクタール、外周約1.2キロメートル。外観が軍艦に似ていることからこう呼ばれるが、正式名称は端島である。かつて海底炭田の採掘地として栄えたが、現在は無人の「廃虚の島」。炭鉱施設の多くは解体されており、朽ちたコンクリートの高層住宅群だけが往時のおもかげを伝える。
この島で初めて石炭が発見されたのは、19世紀初頭のこと。その後、1890年に三菱が旧肥前藩の領主鍋島氏から採掘権を買い取り、本格的な採炭を開始した。以降、炭鉱労働者とその家族が移住。1916年には、日本初の鉄筋アパート(7階建て)が建設された。その後、7~9階建ての高層住宅が次々に建てられ、最盛期には東京ドームの1.3倍ほどの面積に約5千200人が暮らしていたという。大陸出身の労働者も多く、戦時中の43年には、朝鮮人500人、中国人240人がいたという調査結果もある。「緑なき島」とも呼ばれたが、アパートの屋上には草木が植えられ、島内には食堂・共同浴場・学校の他、パチンコ店・映画館・プールまで備えられていた。
石炭の産出量は年間約25万トン。良質の石炭は鉄鋼生産用として、おもに福岡県の八幡製鉄所に輸送され、日本の近代工業の発展を支えた。太平洋戦争勃発の41年には、年間約41万トンを産出。74年に閉山するまで、戦後の高度経済成長にも貢献した。その後、護岸工事が行われただけで、長らく放置されたままだったが、今世紀に入り、石炭産業の盛衰を象徴する貴重な建造物として、しばしばマスコミに紹介されるようになった。2003年にはNPO「軍艦島を世界遺産にする会」も設立され、「九州山口の近代化産業遺産群」として世界遺産に登録しようとする動きも盛んになっている。長崎市も新たな観光名所として注目。07年から約1億500万円を投じて桟橋や見学用の通路を整備した。一般観光客を対象とする「軍艦島上陸ツアー」も、09年4月から始まっている。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

軍艦島

長崎港の南西約19キロにある周囲約1.2キロの島。明治時代から海底炭鉱で栄え最盛期には5千人以上が住んだが、1974年に閉山した。世界遺産登録をめざす「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」の構成資産の一つ。

(2015-02-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐんかん‐じま【軍艦島】

《島の形が軍艦に似るところから》
長崎県長崎市にある端島通称
石川県珠洲(すず)市にある見附島の通称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんかんじま【軍艦島】

長崎港沖にある端島はしまの別称。炭鉱で栄えた島。面積0.06平方キロメートルに、最盛期五二〇〇人が住んで高層アパートが林立し、遠望が軍艦に似ていたためこの名がある。1974年(昭和49)閉山、無人島となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕軍艦島(ぐんかんじま)


端島(はしま)

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍艦島
ぐんかんじま

端島」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍艦島
ぐんかんじま

長崎県南部、長崎半島の西方海上にある小島。端島(はしま)ともいう。面積0.06平方キロメートル。旧高浜村、現在長崎市に属する。日本有数の海底炭田の島として知られた。開坑は明治初年で、鍋島(なべしま)氏を経て、1890年(明治23)三菱(みつびし)の経営に移り、以来発展して年産約25万トンに達した。島の周りは高さ10メートルのコンクリート壁で固められ、その中に選炭場、接岸施設など諸施設のほか、人口約5000人を収容する7~9階建てのアパート群が建ち並んで、人口密度5万(1平方キロメートル当り)を示した。緑なき島といわれ、遠望すると軍艦に似ているので軍艦島とよばれた。1974年(昭和49)閉山。現在は昔の無人島に戻り、アパート群が廃墟(はいきょ)として残っている。[石井泰義]
 2015年(平成27)、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして世界遺産の文化遺産に登録された。[編集部]
『阿久井喜孝・滋賀秀實編著『軍艦島実測調査資料集』(1984・東京電機大学出版局) ▽菊池豊著『軍艦島――残された航跡 廃墟が語りかける時』(1991・創栄出版) ▽伊藤千行写真・阿久井喜孝文『軍艦島 海上産業都市に住む』(1995・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の軍艦島の言及

【高島炭田】より

…戦後,経済再建の重点産業の一つとして位置づけられたころには50万~60万tを生産し,59年ころから増産に転じ,66年度に史上最高の154万tを生産し,その後漸減し,86年11月の三菱高島炭鉱の閉山で,高島炭田での稼行炭鉱はなくなった。なお端島は,1916年以降建設された鉄筋コンクリートのアパート群などのため,島全体が軍艦のように見えることから軍艦島と呼ばれた。【荻野 喜弘】。…

【炭鉱集落】より

…歌志内や山田は,市制都市とはいえ,炭鉱閉山で人口が1万人台にまで減少した。長崎港外の端島(はしま)は,軍艦島の名で知られた炭鉱の島であったが,74年1月の閉山で無人のゴースト・タウンと化した。存続してきた北炭夕張の夕張新鉱や三井三池の有明鉱なども,80年代に入り,坑内火災の大事故がみられ,炭住街を揺るがした。…

【端島】より

…90年には三菱の経営となり,高島の二子鉱とともに高島炭鉱とよばれ,以来原料炭を産出してきた。島の周囲は高いコンクリートの壁で固められ,その中に炭鉱の生産設備と高層住宅,学校などがすべてあり,遠望すると軍艦に似ているところから軍艦島ともよばれた。最盛期には年産約25万tの石炭を産出し,1965年の人口は5058人を数えた。…

※「軍艦島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

軍艦島の関連キーワード見附島シーサイドキャンプ場長崎県長崎市野母町高島(長崎県)三和(長崎県)高層アパート軍艦島資料館産業革命遺産海と月の迷路高島[町]長崎(市)奈良原一高端島の女韓 水山無人島長崎港長崎湾神集島日出島珠洲市中ノ島

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍艦島の関連情報