転びキリシタン(読み)ころびキリシタン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転びキリシタン
ころびキリシタン

江戸時代のキリスト教徒迫害強制されて改宗した者。聖職者の場合は転びバテレン,転びイルマンという。「ころび」というのは,俵責め拷問にあって棄教して転び出されたからという。慶長 18 (1613) 年,全国的に出されたキリスト教禁制は次第に強化され,迫害,拷問により棄教改宗を強制した。請人 (うけにん) 手形や改心誓詞を取って改宗を確認したが,再び宗門に帰る者 (立返り者) もあり,また改宗は表面だけでひそかに教義を伝える隠れキリシタンも多く,特に九州では秘密組織をつくり,明治にいたるまで信仰活動を続けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ころび‐キリシタン【転びキリシタン】

権力に屈して、キリシタン宗門を捨てた信徒。特に、江戸幕府のキリシタン弾圧政策による宗旨糾明・拷問の場においてキリシタン信仰を自ら否定した者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の転びキリシタンの言及

【改宗】より

…特定の宗教の信仰を別のそれに変えること。これは外発的なものと内発的なものとに分かれる。前者は家族や職業などの要請にもとづき,共同生活を円滑に運ぶためにおこなわれる。後者は痛切な人生体験によって自己の属する宗教に疑問をもつことから生ずるもので,いわゆる〈回心〉に基づいてなされることが多い。西欧世界では,カトリックとプロテスタント相互の間で多くみられ,とくにカトリックから他派へ移る場合は棄教,離教,背教などと呼ばれる。…

【背教】より

…日本では16世紀中期以降カトリック・キリスト教が伝えられたが,やがてきびしい迫害にあい,多くの背教者がでた。いわゆる踏絵による〈転びキリシタン〉がそれである。しかし他面,江戸時代になるとキリスト教の禁圧にもかかわらず,表面的には棄教を装いつつ,ひそかにマリア観音などをつくって信仰を持続したキリシタン(隠れキリシタン)もいた。…

※「転びキリシタン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転びキリシタンの関連情報