コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テツ

デジタル大辞泉の解説

てつ【×轍】

車が通ったあとに残る輪の跡。わだち。

てつ【轍】[漢字項目]

[音]テツ(漢) [訓]わだち
通りすぎた車輪の跡。わだち。「軌轍車轍転轍機
筋道。行き方。先例。「途轍同一轍

わ‐だち【×轍】

《「輪(わ)立(だち)」の意》車の通ったあとに残る車輪の跡。「ぬかるみにがつく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てつ【轍】

車輪の跡。わだち。
[句項目]

わだち【轍】

〔「輪立ち」の意〕
車が通ったあとに残る車輪のあと。 「ぬかるみに-が残る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

轍の関連キーワード哲・姪・徹・撤・綴・轍・迭・鉄・鐵ブルーにこんがらがって八大家(唐宋八大家)前車の轍を踏む廣瀬裕一郎和光庵卜友唐宋八大家前轍を踏むシャント三浦透子諸橋止軒山川正宣芥川玉潭高林芳谷古賀侗庵石坂白亥唐宋八家滝無量幸将司鳥総松

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

轍の関連情報