(読み)てつ

精選版 日本国語大辞典「轍」の解説

てつ【轍】

〘名〙
① 車が通った輪の。わだち。
※太平記(14C後)三七「今日は轍(テツ)に伏す(かくぎょ)の三升の水を求るに異ならず」 〔韓愈‐進学解〕
② (比喩的に) 前人の行なったあと。先例。先例の通りのやり方。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉よくよく女は嫌なもの「孰れも近き未来に於て猶太民族の轍(テツ)を追ふかの如く」
※杏の落ちる音(1913)〈高浜虚子〉一五「此日もまた其轍であらうと余り当てにせずに待ってゐると」

わ‐だち【轍】

〘名〙
① 車が通り過ぎたあとに残る車輪の跡。車轍
※新撰六帖(1244頃)一「小車の道のをの松はやともせ輪だちも見えず日は暮れにけり〈藤原信実〉」
② 車輪。
※かた言(1650)二「車軸の雨とは、大粒に降侍るかたまりたる水の上に落て、車の軸のごとくとびあがり、頓てそのまはりに轍(ワダチ)のかたちをなすことと也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「轍」の解説

てつ【轍】[漢字項目]

[音]テツ(漢) [訓]わだち
通りすぎた車輪の跡。わだち。「軌轍車轍転轍機
筋道。行き方。先例。「途轍同一轍

わ‐だち【×轍】

《「だち」の意》車の通ったあとに残る車輪の跡。「ぬかるみにがつく」

てつ【×轍】

車が通ったあとに残る輪の跡。わだち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android