コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返る/反る カエル

デジタル大辞泉の解説

かえ・る〔かへる〕【返る/反る】

[動ラ五(四)]
表であったものが裏になったり、上であったものが下になったりして、ものの向き・位置が反対になる。裏がえる。ひるがえる。ひっくりかえる。「裾が―・る」「軍配が―・る」「漢文を下から―・って読む」
(返る)一度変化したものが、前やもとの状態になる。「童心に―・る」「正気に―・る」
(返る)一度手を離れた物が手元に戻る。もとの所有者に戻る。「忘れ物が―・る」「投資した金が倍になって―・ってくる」
(返る)こちらからの働きかけに対して、相手が反応する。「返事が―・ってくる」
年月・季節が一巡して再びその時になる。年が改まる。
「その年も―・りぬ」〈更級
染めた色がさめる。色があせる。
「はな(=ハナダ色)も―・り濡れなどしたる薄色の宿直物(とのゐもの)を着て」〈・二〇〇〉
動詞の連用形に付く。
㋐すっかり…する、ひどく…する意を表す。「静まり―・る」「あきれ―・る」「むせ―・る」
㋑繰り返し…する意を表す。
「ぬばたまの夜を長みかもわが背子が夢(いめ)に夢にし見え―・るらむ」〈・二八九〇〉
[可能]かえれる
[下接句]己に克(か)ち礼に復(かえ)る愚に返る年返る覆水盆に返らず我に返る

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

返る/反るの関連キーワード変若ち返る・復ち返る飛び返る・飛返る雪駄の土用干し野性の呼び声河川の若返り蜻蛉を切る蘇す・甦すくすみきる年立ち返る白紙に返る返る・反る鍋を返す一陽来復消え返る気が付く寒の戻りぬばたまイシグロ花染め衣生き出づ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android