コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

返る/反る カエル

1件 の用語解説(返る/反るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かえ・る〔かへる〕【返る/反る】

[動ラ五(四)]
表であったものが裏になったり、上であったものが下になったりして、ものの向き・位置が反対になる。裏がえる。ひるがえる。ひっくりかえる。「裾が―・る」「軍配が―・る」「漢文を下から―・って読む」
(返る)一度変化したものが、前やもとの状態になる。「童心に―・る」「正気に―・る」
(返る)一度手を離れた物が手元に戻る。もとの所有者に戻る。「忘れ物が―・る」「投資した金が倍になって―・ってくる」
(返る)こちらからの働きかけに対して、相手が反応する。「返事が―・ってくる」
年月・季節が一巡して再びその時になる。年が改まる。
「その年も―・りぬ」〈更級
染めた色がさめる。色があせる。
「はな(=ハナダ色)も―・り濡れなどしたる薄色の宿直物(とのゐもの)を着て」〈・二〇〇〉
動詞の連用形に付く。
㋐すっかり…する、ひどく…する意を表す。「静まり―・る」「あきれ―・る」「むせ―・る」
㋑繰り返し…する意を表す。
「ぬばたまの夜を長みかもわが背子が夢(いめ)に夢にし見え―・るらむ」〈・二八九〇〉
[可能]かえれる
[下接句]己に克(か)ち礼に復(かえ)る愚に返る年返る覆水盆に返らず我に返る

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone