コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直る ナオル

2件 の用語解説(直るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なお・る〔なほる〕【直る】

[動ラ五(四)]
もとの良好な状態に戻る。
㋐もとのようすに復する。「機嫌が―・る」「天候が―・る」「仲たがいが―・る」
㋑もとどおり役立つようになる。修復される。「機械の調子が―・る」「橋が―・って渡れる」
㋒(ふつう「治る」と書く)病気やけがが回復する。治癒する。「大病が―・る」「傷口がふさがって―・る」
良好な状態に改まる。
㋐好ましいようすに整う。「ばらばらの人達が一列に―・る」「姿勢が―・る」
㋑適切なものに改められる。正される。「上がり性が―・る」「誤りが―・る」
㋒より上位の位置に移る。「上座に―・る」「あとがまに―・る」「指定席に―・る」
㋓指定の場にきちんと座る。「そこに―・れ」
罪が許される。
「こと―・りて都に帰りけるに」〈月詣集・九・詞書〉
「死ぬ」ことをいう斎宮忌み詞

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なおる【直る】

( 動五[四] )
正常な状態になる。もとのよい状態に戻る。
修理・修繕されて機能を回復する。 「故障が-・る」
誤りが訂正される。 「誤植が-・る」
よくない状態が改まる。 「悪い癖が-・らない」 「運もやうやく-・りしにや/当世書生気質 逍遥
そこなわれていたものが回復する。 「機嫌が-・る」 「今日は日の気色も-・れり/源氏 帚木
罪が許される。 「事-・りて京に上りて/千載 雑中詞
人や物がしかるべき地位・場所におさまる。
席に着く。すわる。 「座に-・る」 「急ぎ本堂へ-・りますると/怪談牡丹灯籠 円朝
めかけなどが正妻になる。また、人のあとを継いでその地位を占める。 「姉威能いのの跡に-・る五百いおだからと云ふので/渋江抽斎 鷗外
一段階上の席に移る。 「(劇場で)一等席に-・る」
もとの姿勢に戻る。 → なおれ(感)
「死ぬ」の忌み詞。〔延喜式 斎宮寮〕 〔「直す」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

直るの関連キーワード薄まる修まるぶら下がる結ばる合さる立至る立直る術前栄養保存性資源保全

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直るの関連情報