コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直る ナオル

デジタル大辞泉の解説

なお・る〔なほる〕【直る】

[動ラ五(四)]
もとの良好な状態に戻る。
㋐もとのようすに復する。「機嫌が―・る」「天候が―・る」「仲たがいが―・る」
㋑もとどおり役立つようになる。修復される。「機械の調子が―・る」「橋が―・って渡れる」
㋒(ふつう「治る」と書く)病気やけがが回復する。治癒する。「大病が―・る」「傷口がふさがって―・る」
良好な状態に改まる。
㋐好ましいようすに整う。「ばらばらの人達が一列に―・る」「姿勢が―・る」
㋑適切なものに改められる。正される。「上がり性が―・る」「誤りが―・る」
㋒より上位の位置に移る。「上座に―・る」「あとがまに―・る」「指定席に―・る」
㋓指定の場にきちんと座る。「そこに―・れ」
罪が許される。
「こと―・りて都に帰りけるに」〈月詣集・九・詞書〉
「死ぬ」ことをいう斎宮忌み詞

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なおる【直る】

( 動五[四] )
正常な状態になる。もとのよい状態に戻る。
修理・修繕されて機能を回復する。 「故障が-・る」
誤りが訂正される。 「誤植が-・る」
よくない状態が改まる。 「悪い癖が-・らない」 「運もやうやく-・りしにや/当世書生気質 逍遥
そこなわれていたものが回復する。 「機嫌が-・る」 「今日は日の気色も-・れり/源氏 帚木
罪が許される。 「事-・りて京に上りて/千載 雑中詞
人や物がしかるべき地位・場所におさまる。
席に着く。すわる。 「座に-・る」 「急ぎ本堂へ-・りますると/怪談牡丹灯籠 円朝
めかけなどが正妻になる。また、人のあとを継いでその地位を占める。 「姉威能いのの跡に-・る五百いおだからと云ふので/渋江抽斎 鷗外
一段階上の席に移る。 「(劇場で)一等席に-・る」
もとの姿勢に戻る。 → なおれ(感)
「死ぬ」の忌み詞。〔延喜式 斎宮寮〕 〔「直す」に対する自動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

直るの関連キーワードセルフヘルプグループクライスラー[会社]ビーチャと学校友だちドリュー バリモア立ち直り・立直りジョン スモルツフラニーとゾーイ計画的民主主義水天宮利生深川息を吹き返す七転び八起きベイマックスグリーフケア虫が納まる心の後遺症特定調停法畔柳 二美少年クラブ瘧が落ちる宮崎翔太

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

直るの関連情報