コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透水層 とうすいそう permeable layer

5件 の用語解説(透水層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

透水層
とうすいそう
permeable layer

水を容易に伝達することができる地層。不透水層の対語。砂礫など粗粒物質の地層は粒子間の空隙が大きく透水層となる。不透水層の上にある透水層は地下水を貯水し,帯水層呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうすい‐そう【透水層】

礫(れき)など粗粒の物質からなり、地下水が浸透しやすい地層。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

透水層【とうすいそう】

透水性の高い地層。岩石,地層の透水性は,それを構成する粒子間の空隙(くうげき)の多少(貯留性),間隙の大小(通水性)によって規定され,間隙が大きくて空隙の多いほど透水性は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

とうすいそう【透水層】

砂岩・礫岩などから成り、水をとおしやすい地層。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

透水層
とうすいそう

透水性のよい地層すなわち帯水層となりうる、水を通しやすい地層。一般に礫(れき)層、砂礫層、砂層などをさし、その透水係数は日当り0.1~100メートル程度であるが、まれには日当り1000メートルを超えることもある。これよりも透水性の低い地層を半透水層、さらに低い地層を難透水層または不透水層とよんでいるが、これらの名称は相対的なもので、地層の区分に明確な基準があるわけではない。透水層はしばしば帯水層と同義に使われるが、帯水層については、ある程度以下に地層の透水性が落ちると、実質的に井戸による取水が不可能になるという限定条件がある。[榧根 勇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

透水層の関連キーワード層位学帯水層凍上含油層透水透水性舗装不透水層透水度係数ルジオンテスト透水性舗装材料

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

透水層の関連情報