途中越(読み)とちゅうごえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

途中越
とちゅうごえ

竜華越 (りゅうげごえ) ともいう。滋賀県と京都府の境にある峠。標高 374m。京都市左京区大原から滋賀県大津市堅田 (かたた) に通じる峠道が通り,かつては若狭街道間道として重要であった。平安時代は大津市竜華に関所がおかれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とちゅうごえ【途中越】

京都市左京区大原から滋賀県大津市に至る峠。比叡山と比良山地の鞍部。古来、京都北門の要地。古名、竜華越。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔京都府(滋賀県)〕途中越(とちゅうごえ)


京都・滋賀の府県境、比叡(ひえい)山地と北山(きたやま)山地の鞍部(あんぶ)に位置する。標高約370m。古くから北約3kmの花折(はなおり)峠とともに福井県若狭(わかさ)地方と京都を結ぶ若狭街道の要地。国道367号の途中トンネルは府県境より0.5km北側にある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

途中越
とちゅうごえ

滋賀県大津市伊香立(いかだち)途中町から途中峠(374メートル)を越えて京都市へ達する道。現在は国道367号の一部。『近江輿地(おうみよち)志略』(1734年刊)によれば、大原勝林院から小出石(こでし)、小出石から峠までが、それぞれ一里、国界と堅田(かたた)間が三里、国界と京都間が四里半とある。途中集落は旧竜華(りゅうげ)村の一部であり、竜華越ともよばれた。平安時代以降、京都と北国や東国へ通じる間道として重要視され、旅人の無事を祈る還来(もどろき)神社もある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android