逗子[市](読み)ずし

百科事典マイペディアの解説

逗子[市]【ずし】

神奈川県三浦半島北西部の市。1954年市制。北は鎌倉市,南は葉山町,西は相模湾に面し,温暖な気候と風光に恵まれた湘南の観光・保養地,海水浴場となっている。明治中頃に横須賀線,昭和初期に京浜急行逗子線が開通した。別荘,高級住宅が多いが,近年は京浜の住宅衛星都市として発展。東部に神武寺鷹取山がある。1982年,池子の米軍弾薬庫跡地への米軍用住宅の建設計画が発表され,反対運動が続いていたが,1994年市が住宅建設を受け入れることで正式和解し,1996年4月住宅が部分的に完成した。17.28km2。5万8302人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ずし【逗子[市]】

神奈川県南東部,三浦半島の付け根にある市。1943年横須賀市に編入されたが,50年再び独立して54年市制。人口5万6578(1995)。三方丘陵に囲まれ,西は相模湾に面しており,風光のよさと温暖な気候から観光保養地として知られる。1889年横須賀線が開通して逗子駅が設けられ,1930年には湘南電鉄(後の京浜急行電鉄)が東京湾岸の金沢八景駅から分岐して逗子海岸駅(現,新逗子駅)を設け,海水浴客が増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android