コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹取山 たかとりやま

2件 の用語解説(鷹取山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかとりやま【鷹取山】

神奈川県三浦半島北部,逗子市と横須賀市の境にある山。標高139mの丘陵で,頂上付近は明治以降の石材採取によって凝灰岩質砂岩の岩壁が露出し,奇景を呈する。山頂部には磨崖仏が彫刻されているほか,ロッククライミングの練習場としても利用されている。東京湾側は住宅地が山頂近くまで迫っているが,相模湾側は緑が残り,山腹にある天台宗の古寺,神武寺とあわせてハイキングコースとなっている。【伊倉 退蔵】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鷹取山
たかとりやま

神奈川県逗子(ずし)市と横須賀(よこすか)市との境にある山。標高139メートル。凝灰岩からなり、湘南妙義(しょうなんみょうぎ)ともよばれる。岩峰は険しくてスリルに富む岩場もあり、ロッククライミングの好練習場となっている。これらは明治から昭和初期にかけて建築用石材として切り出された跡で、石切場跡には弥勒菩薩(みろくぼさつ)の磨崖仏(まがいぶつ)がある。山頂から東京、相模(さがみ)両湾が眺められ、かつて太田道灌(どうかん)がここで鷹狩を行ったのが地名のおこりといわれる。いまは西方の神武(じんむ)寺とあわせて、京浜からの手ごろなハイキングコースとなっている。京浜急行電鉄追浜(おっぱま)駅か神武寺駅、また、JR横須賀線東逗子駅から、ともに徒歩約1時間。[浅香幸雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鷹取山の関連情報