(読み)おきて

精選版 日本国語大辞典「掟」の解説

おきて【掟】

〘名〙 (動詞「おきつ(掟)」の連用形の名詞化)
① あらかじめ立てておいた心づもり。予定。計画。方針。
※源氏(1001‐14頃)帚木「親のおきてにたがへりと思ひ嘆きて」
② 処置。処分。さしず。命令。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「貧しくて、我が子の行くさきのをきてせずなりぬ」
③ 心の持ち方。心構え。思慮。こころおきて。こころばえ。また、才能。技術。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「この人も、年をかぞふるに十二ばかりにこそなるらめ。大きさ、をきてこそかしこくとも、人の世に経(ふ)るありさま、限りあるものなれば」
④ 定め。運命。宿命。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「娘は天道にまかせ奉る。天のをきてあらば、国母(こくも)、婦女ともなれ」
⑤ 公にきめられた規定。法律。法度(はっと)。法制。
※書紀(720)雄略二三年七月(前田本訓)「詔して、賞罰(まつりごと)、支度(オキテ)、事に巨(おほきなる)と細(ちひさき)と無く、並に皇太子に付(ゆだ)ねたまふ」
※北条泰時消息‐貞永元年(1232)九月一一日「これによりて京都の御沙汰、律令のおきて聊もあらたまるべきにあらず候也」
⑥ 取りきめ。約束ごと。いましめ。内々のきまり。
※源氏(1001‐14頃)椎本「生まれたる家の程、をきてのままにもてなしたらむなむ」
⑦ 物の形、配置、方法などについてのきまった様式。
※源氏(1001‐14頃)帚木「けぢかき籬(まがき)のうちをば、その心しらひ、をきてなどをなん、上手はいといきほひことに、わろものは及ばぬ所多かめる」
⑧ しきたり。風習。所の慣習。
※物類称呼(1775)五「所の仕来(しきたり)といふ詞のかはりに〈略〉大隅・薩摩にていかたと云、又掟(ヲキテ)といふ」

おき・つ【掟】

〘他タ下二〙
① あらかじめ心に定める。予定する。計画する。
※源氏(1001‐14頃)乙女「つぎつぎ伝はりつつ、へだたりゆかむほどの行く先、いとうしろめたなきによりなむ、思ひ給へをきて侍る」
② 心に定めて、これを人に強制する。指図する。
※源氏(1001‐14頃)明石「かくながら見捨て侍りなば、波のなかにもまじりうせねとなんをきて侍る」
※徒然草(1331頃)一〇八「人をおきてて、高き木に上せて、梢を切らせしに」
③ 計画的に処理をする。管理する。
※宇津保(970‐999頃)蔵開下「みづしどころ、大殿の具、いとよくしをきてたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「掟」の解説

おきて【×掟】

《動詞「おき(掟)つ」の連用形から》
守るべきものとしてすでに定められている事柄。その社会の定め。決まり。また、法律。法度(はっと)。「家の」「に背く」
かねてからの心づもり。計画。
「この二年ばかりぞかくてものし侍れど、親の―にたがへりと思ひ嘆きて」〈・帚木〉
取りしきること。処置。処分。また、指図。命令。
「おのづから位などいふことも高くなり、身の―も心にかなひがたくなどして」〈・夢浮橋〉
様式にかなったものの扱い方や配置のぐあい。
「筆の―すまぬ心地して、いたはり加へたる気色なり」〈・梅枝〉
心のもち方。心構え。心ばせ。
「―広きうつはものには、幸ひもそれに従ひ、せばき心ある人は、さるべきにて」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【掟書】より

…公布された法度(はつと)書の一形式。中世後期より用いられたが,元来,みずからの心構え,取極め,しきたり,処置などの意義のある掟が,在地領主,土豪等が下剋上の結果,法制発布の立場になっても用いたため,普遍化して,順守すべき法令の意味を持つようになったと考えられる。初めに掟(掟事,掟旨),定,定申などの文言が記され,法令の個条が事書で記され,終りに違反者への警告の文言,年月日,取極めたもの一同の署判,奉行人の署判,あるいは絶対者の捺印,法令の対象となるものが充所に記されるのが一般的である。…

※「掟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android