コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六甲山 ロッコウサン

デジタル大辞泉の解説

ろっこう‐さん〔ロクカフ‐〕【六甲山】

兵庫県神戸市の北部にある、六甲山地主峰。標高931メートル。観光・保養地として知られる。もと武庫(むこ)ので、のちに六甲(むこ)の字を当てて音読したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

六甲山【ろっこうさん】

兵庫県神戸市東部の市街地の北にそびえる花コウ岩からなる山。六甲山地の最高峰で,標高931m。山頂の西一帯は平たんで別荘地として開発された。ケーブル,ロープウェー,ドライブウェーが通じ,日本最古のゴルフ場や,人工スキー場,高山植物園,企業の保養所などがある。
→関連項目北[区]神戸[市]須磨[区]垂水[区]中央[区]灘[区]西[区]東灘[区]兵庫[県]兵庫[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろっこうさん【六甲山】

兵庫県神戸市東部,市街地の背後にそびえる花コウ岩からなる山。六甲山地の最高峰で,標高931m(東六甲山)。山頂の西約5km,西六甲山(803m)一帯は平たんな隆起準平原の特色を示し,明治半ば以降外国人の,大正に入ってからは日本人の別荘地として開発された。さらに昭和の初めに六甲ケーブルが建設されて以降,観光地,保養地として急速に発展した。1901年に造られた日本最古のゴルフ場をはじめ,人工スキー場,高山植物園,観光牧場,森林公園,企業の保養所などが多く,六甲山を訪れる観光客は年間700万人を超える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕六甲山(ろっこうさん)


神戸市街の背後に連なる六甲山地の主峰。標高931m。山頂西側に延びる平坦(へいたん)地を西六甲山、山頂を東六甲山ともいう。瀬戸内海国立公園東端をなす観光拠点。明治中期以降、山頂の西側には別荘・ゴルフ場などの開発が進み、関西地方有数のレジャー基地となる。山頂からの神戸と阪神間の市街の夜景は絶景。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の六甲山の言及

【神戸[市]】より

…1956年政令指定都市となり,97年現在9区がおかれている。六甲山が急傾斜の断層崖で大阪湾に落ちこむ山麓に細い帯状の平地が発達し,東西20kmにわたって市街がのびているが,南北は幅の広い所でも4kmしかない。このうち山手は住宅地,浜手は港湾や工場で,中間部が商業地区に利用されている。…

※「六甲山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六甲山の関連キーワード六甲山フィールド・アスレチック日本で敗戦を迎えたドイツ人兵庫県神戸市灘区六甲山町ロック・クライミング煙樹海岸県立自然公園兵庫県神戸市東灘区兵庫県神戸市中央区兵庫県神戸市灘区ウンゼンツツジ六甲トンネル六甲山ホテル兵庫県神戸市須磨[区]神戸[市]矢野 橋村神戸(市)六甲山牧場高原都市布引渓流布引の滝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六甲山の関連情報