閏刑(読み)じゅんけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「閏刑」の解説

閏刑
じゅんけい

特別の身分にあるものに対して特別の刑罰を定めたもの。「」の流れをくむ明治初年の仮刑律新律綱領改定律例といった刑法典には,いまだ閏がもうけられており,たとえば新律綱領では,官吏士族僧侶の罪には,謹慎閉門禁錮辺戍自裁という5つの閏刑があった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「閏刑」の解説

じゅん‐けい【×閏刑】

武士・僧侶など特定の身分の者、または婦女・老幼者・身障者などに対して、本刑の代わりに科した寛大な刑。律令制のもとでは、官吏の免官、僧侶の還俗(げんぞく)など。江戸時代には、武士の閉門、婦女の剃髪(ていはつ)など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「閏刑」の解説

じゅん‐けい【閏刑】

〘名〙 有位者・武士・僧侶などの特定の身分のもの、または、幼老・婦女・廃疾者などに対し、正刑に代えて科した刑。本刑・正刑に対するもの。奈良時代の律で、官当、免官、免所居官、鎌倉・室町期の解官、除籍、江戸時代の逼塞、閉門など。
※改定律例(1873)「閏刑条例」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android