コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運輸審議会 うんゆしんぎかい

3件 の用語解説(運輸審議会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

運輸審議会
うんゆしんぎかい

国土交通省に常置される審議会。国土交通大臣の諮問を受け,鉄道,自動車,航路,航空の各運送事業の免許やその取消し,運賃・料金の設定,変更の認可など所定の事項や不服審査の決定を行い,大臣に対する勧告権をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うんゆ‐しんぎかい〔‐シンギクワイ〕【運輸審議会】

国土交通大臣の諮問機関。運輸事業の免許、運賃設定・変更の認可などに関する諮問について審議し、答申あるいは勧告をする。昭和24年(1949)設置。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

運輸審議会
うんゆしんぎかい

運輸省設置法(昭和24年法律第157号)により置かれた運輸大臣の諮問機関。2001年(平成13)1月の省庁再編により、国土交通省設置法(平成11年法律第100号)のもと、国土交通大臣の諮問機関となる。公共の利益を確保するため、重要な運輸事業の許可、運賃の認可などについて国土交通大臣に対し答申を行うとともに、職権または利害関係人の申請に基づき必要な勧告を行う。国土交通大臣は、諮問事項の決定、勧告を受けた場合には、これを尊重し、必要な措置をとらなければならない。また、諮問事項について必要があると認める場合や、利害関係人の申請があった場合には、公聴会を開かなければならない。おもな諮問事項は、
(1)JR、JR以外の普通鉄道、軌道、無軌条電車、旅客自動車運送事業における基本的な運賃・料金に関する認可または変更命令。
(2)旅客定期航路事業における運賃・料金の認可または変更命令。
(3)航空運送事業における運賃・料金の認可または変更命令。
 委員(6名)は、国土交通大臣が国会の同意を得て任命する。[天野和治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

運輸審議会の関連キーワード一級河川国土交通省航空・鉄道事故調査委員会技監CABMOC国土交通大臣運輸族国土交通大臣免許国土交通計画

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

運輸審議会の関連情報