コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過多月経の原因別分類 かたげっけいのげんいんべつぶんるい

家庭医学館の解説

かたげっけいのげんいんべつぶんるい【過多月経の原因別分類】

■機能性過多月経(きのうせいかたげっけい)
 おもに、卵巣(らんそう)ホルモンの異常によっておこります。
 排卵しないのに出血する無排卵周期症(むはいらんしゅうきしょう)や、排卵後の黄体(おうたい)ホルモンの分泌(ぶんぴつ)の異常などが、これにあたります。
■器質性過多月経(きしつせいかたげっけい)
 子宮に異常があっておこるもので、その代表は、子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)(「子宮筋腫」)です。そのほかに子宮腺筋症(しきゅうせんきんしょう)(子宮内膜症の「どんな病気か」の発生しやすい部位)、子宮体(しきゅうたい)がん(「子宮体がん」)、子宮頸管(しきゅうけいかん)ポリープ(コラム「子宮頸管ポリープ」)などがあります。
 月経とは、子宮内膜からの出血で、月経のあと子宮は収縮し、血管を圧迫して止血します。しかし、前記のような異常があると、月経時に出血する子宮内膜の範囲が広くなり、出血量が増加したり、器質的な異常のため、血管の圧迫がうまくいかず、止血せずに出血量が増加する場合があります。
●その他の過多月経
 まれに、内科的な病気、たとえば血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう)、高血圧症、腎(じん)疾患、肝疾患、甲状腺(こうじょうせん)機能異常などによって過多月経になる場合があります。したがって、過多月経では、全身の検査も必要になります。
 また、避妊リングの挿入も、過多月経の原因になることがあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android