コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過眠症/ナルコレプシー かみんしょうなるこれぷしー Hypersomnias/Narcolepsy

1件 の用語解説(過眠症/ナルコレプシーの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かみんしょうなるこれぷしー【過眠症/ナルコレプシー Hypersomnias/Narcolepsy】

[どんな病気か]
 睡眠覚醒障害(すいみんかくせいしょうがい)(コラム睡眠覚醒障害」)の1つで、睡眠が過剰となるものです。
 また、過眠症のなかで、とくに病態がよくわかっているものにナルコレプシー(居眠(いねむ)り病)があります。
[症状]
 過眠症には、昼間の眠けが強く、よく居眠りをする、あるいは夜間の睡眠が長く、朝なかなか起きられないなどの症状があります。なお、夜は不眠がみられ、昼間は眠けが強い場合のように、不眠症と過眠症は必ずしも対立するものではありません。
 ナルコレプシーの基本的症状は、第1に、日中の強い眠けによる居眠りや睡眠発作(すいみんほっさ)、第2に情動脱力発作(じょうどうだつりょくほっさ)です。
 睡眠発作とは、重要な会議中や試験中などの緊張すべき場面でも、発作性に数分間から十数分間寝てしまうものです。
 情動脱力発作は、情動をきっかけとして、随意筋(ずいいきん)(自分の意思で動かせる、手足の筋肉など)の脱力が突然生ずるものです。
 そのほかにナルコレプシーの症状として入眠時幻覚(にゅうみんじげんかく)と睡眠(すいみん)まひがあります。入眠時幻覚は、寝入るときに出現する、生々(なまなま)しい現実感と感情をともなう鮮明な夢の体験です。睡眠まひは、いわゆる金縛(かなしば)り(コラム「レム睡眠とノンレム睡眠」)のことです。
[原因]
 不眠症と同様に過眠症も、一次性と二次性のものに分けられます。
 原因のはっきりしないものを一次性過眠症と呼びます。二次性過眠症には、物理的環境因子化学物質心の病気、神経の病気、その他のからだの病気によるものなどがあります。
 ナルコレプシーにも、原因のはっきりしない一次性のものと、頭部外傷、脳炎(のうえん)、脳腫瘍(のうしゅよう)などによる二次性のものがあります。
 ナルコレプシーの過眠は、覚醒維持機能の低下により生ずるとされています。また、情動脱力発作、入眠時幻覚、睡眠まひは、レム睡眠(コラム「レム睡眠とノンレム睡眠」)の異常により生ずると考えられています。
[検査]
 過眠症の検査として、脳波検査睡眠ポリグラフィ(コラム「睡眠ポリグラフィ」)、睡眠潜時反復検査(すいみんせんじはんぷくけんさ)などがあります。
 睡眠潜時反復検査とは、2時間ごとに入眠させて、睡眠に至る時間を測定し、眠けを評価するものです。
 ナルコレプシーの睡眠ポリグラフィでは、著しい入眠傾向、入眠後10分以内にレム睡眠が出現するといった特徴がみられます。
[治療]
 まず、原因の明白な過眠症に対しては、原因の除去を行ないます。他の睡眠覚醒障害をともなう場合は、その治療も行ないます。
 ナルコレプシーの眠けの治療には、塩酸メチルフェニデート(商品名リタリン)などの精神刺激薬が有効です。脱力発作、入眠時幻覚、睡眠まひなどのレム関連症状には、塩酸クロミプラミン(アナフラニール)などの抗うつ薬が有効です。これらの薬物は、その他の過眠症に対しても有効な場合があります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

過眠症/ナルコレプシーの関連キーワード睡眠障害ナルコレプシー睡眠療法何心地ノンレム睡眠不眠症REM睡眠逆説睡眠徐波睡眠パラ睡眠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone