コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道師 みちのし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道師
みちのし

日本書紀』によれば天武 13 (684) 年 10月に制定した八色の姓 (やくさのかばね) の第5位。賜姓の例はない。「ミチノウシ」のあて字とする旧説諸道の師の意で,伴造 (とものみやつこ) に与えたとする説,薬師,画師,鍛師など職業的な姓の総称とみる説などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

みちのし【道師】

684年に制定された八色やくさの姓かばねの第五位。技術に通じた有力氏族に与えるためのものと考えられるが、実際には賜姓は行われなかった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道師
みちのし

古代の姓(かばね)の一種。684年(天武天皇13)に定められた八色(やくさ)の姓の第五位にあたる。しかしこの道師を与えられた実例は、いまのところ見当たらない。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の道師の言及

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「道師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

道師の関連キーワードウォルター・ヘンリ メドハーストデイヴィド リヴィングストン八色の姓(やくさのかばね)熊本県熊本市中央区黒髪マージョー ゴートナーTVエバンジェリストゲッレールトの丘バラオブバーゼイ鑓の権三重帷子リビングストン馬井六左衛門ゲレルトの丘松井 百太郎下村鉄之助シモン円甫大島治喜太三浦 ミツ庭訓舎綾人山村 暮鳥鶴瀬長六郎

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android