コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八色の姓 はっしきのかばね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八色の姓
はっしきのかばね

八色の姓」のページをご覧ください。

八色の姓
やくさのかばね

「はっしきのせい」「はっしきのかばね」ともいう。天武 13 (684) 年制定されたの制度。従来の姓を統合して,真人 (まひと) ,朝臣 (あそみ,あそん) ,宿禰 (すくね) ,忌寸 (いみき) ,道師 (みちのし) , (おみ) , (むらじ) ,稲置 (いなぎ) の8級に改め,家格の尊卑を明らかにすると同時に氏族を朝廷の統制のもとにおこうとした。真人は継体朝以後の天皇を祖とする公姓の豪族に,朝臣は皇別の諸氏に,宿禰は臣・連姓の有力氏族に,忌寸は帰化系氏族に,道師は技芸を世襲する氏族に,臣・連は宿禰にもれた旧来の臣・連姓の氏族に,稲置はもとの稲置姓の氏族にそれぞれ与えられた。このうち道師賜姓の実例は史籍に見当らない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はっしき‐の‐かばね【八色の姓】

やくさのかばね

やくさ‐の‐かばね【八色の姓】

天武天皇13年(684)に制定された姓制度。従来の姓制度を改めて新たに真人(まひと)朝臣(あそみ)宿禰(すくね)忌寸(いみき)道師(みちのし)臣(おみ)連(むらじ)稲置(いなき)の八姓(はっせい)を定めた。天皇を中心とした新体制確立のための政策。はっしきのかばね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

八色の姓【はっしきのせい】

八色の姓(やくさのかばね)

八色の姓【やくさのかばね】

天武天皇が684年に整理再編した8種の。真人(まひと)を第1として,以下は朝臣(あそん)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)。
→関連項目朝臣氏姓制度宿禰天武天皇物部氏東漢氏

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やくさのかばね【八色の姓】

684年(天武13)に制定された8種類の姓。天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっしきのかばね【八色の姓】

やくさのかばね【八色の姓】

684年に制定された新たな姓の制度。真人まひと・朝臣あそみ・宿禰すくね・忌寸いみき・道師みちのし・臣おみ・連むらじ・稲置いなぎの八階よりなるが、実際には道師・稲置の二姓の賜姓は行われなかった。皇親を中心とした新たな政治的秩序の構成を図ったもの。はっしきのかばね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の八色の姓の言及

【氏姓制度】より

…したがって,物部弓削(もののべゆげ),阿倍布勢(あべのふせ),蘇我石川(そがのいしかわ)などの,いわゆる〈複姓〉は,これ以後原則として消滅することとなった。 このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。…

※「八色の姓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八色の姓の関連キーワード八色の姓(はっしきのかばね)八色の姓(やくさのかばね)飛鳥時代(年表)首(古代の姓)羽田八国石上麻呂大化改新県犬養氏粟田氏姓名物部漢氏外位

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android