コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌寸 いみき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌寸
いみき

古代のの一種。『日本書紀』によれば天武 13 (684) 年に制定した八色の姓 (やくさのかばね) の第4位。「伊美吉」とも書く。主として連 (むらじ。もと〈あたい〉,〈みやつこ〉,〈おびと〉) 姓の国造や帰化系有力氏族に賜わった。同 14年6月,大倭 (やまと) 連から書 (ふみ) 連にいたる 11氏に与えたのが最初。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いみき【忌寸】

日本古代の(かばね)の一つ。684年(天武13)に制定された八色(やくさ)の姓の第4位。主として渡来系の有力氏族,および一部の国造(くにのみやつこ)系氏族に与えられた。忌寸の姓が実際に賜姓されたのは,制定の翌年(天武14)の6月から。《日本書紀》天武14年6月条に〈大倭連,葛城連,凡川内連,山背連,難波連,紀酒人連,倭漢連,河内漢連,秦連,大隅直,書連,幷て十一氏に,姓を賜ひて忌寸と曰ふ〉とみえるように,忌寸となった氏族の旧姓は,ほとんどが(むらじ)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いみき【忌寸】

八色やくさの姓かばねの第四位。主として、国造くにのみやつこや渡来人の有力氏族に与えられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忌寸
いみき

684年(天武天皇13)に制定された八色(やくさ)の姓(かばね)における第四位の姓。その翌年に忌寸を与えられたのは、大倭(やまと)(奈良県)、凡川内(おおしこうち)(大阪府)、山背(やましろ)(京都府)、葛城(かずらき)(奈良県)など畿内(きない)の国造(くにのみやつこ)、および紀酒人(きのさかひと)、大隅(おおすみ)(鹿児島県)のほか、難波(なにわ)、倭漢(やまとのあや)、河内漢(かわちのあや)、秦(はた)、書(ふみ)などの渡来系有力豪族などであった。やがて忌寸は秦氏や漢氏の同族に多く与えられ、渡来系氏族に多い姓ともなっていった。[原島礼二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の忌寸の言及

【氏姓制度】より

… このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。したがって,貴族の姓(かばね)としては,朝臣,宿禰,忌寸の三つで,これが〈甲子の宣〉の大氏,小氏,伴造氏の発展形であり,その間にさらに氏族の再編が進められ,朝臣52氏,宿禰50氏,忌寸11氏におさめられたのである。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「忌寸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

忌寸の関連キーワード八色の姓(やくさのかばね)小子部連螺蠃山代真作墓誌坂上苅田麻呂文部黒麻呂長意吉麻呂時原春風石村石楯秦伊侶具大和長岡内蔵全成山代真作阿知使主すごろく松尾大社凡河内氏田部櫟子東漢直薩妙観山木直

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android