コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忌寸 いみき

5件 の用語解説(忌寸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忌寸
いみき

古代の姓の一種。『日本書紀』によれば天武 13 (684) 年に制定した八色の姓 (やくさのかばね) の第4位。「伊美吉」とも書く。主として連 (むらじ。もと直〈あたい〉,造〈みやつこ〉,首〈おびと〉) 姓の国造や帰化系有力氏族に賜わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いみき【忌寸】

日本古代の(かばね)の一つ。684年(天武13)に制定された八色(やくさ)の姓の第4位。主として渡来系の有力氏族,および一部の国造(くにのみやつこ)系氏族に与えられた。忌寸の姓が実際に賜姓されたのは,制定の翌年(天武14)の6月から。《日本書紀》天武14年6月条に〈大倭連,葛城連,凡川内連,山背連,難波連,紀酒人連,倭漢連,河内漢連,秦連,大隅直,書連,幷て十一氏に,姓を賜ひて忌寸と曰ふ〉とみえるように,忌寸となった氏族の旧姓は,ほとんどが(むらじ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忌寸
いみき

684年(天武天皇13)に制定された八色(やくさ)の姓(かばね)における第四位の姓。その翌年に忌寸を与えられたのは、大倭(やまと)(奈良県)、凡川内(おおしこうち)(大阪府)、山背(やましろ)(京都府)、葛城(かずらき)(奈良県)など畿内(きない)の国造(くにのみやつこ)、および紀酒人(きのさかひと)、大隅(おおすみ)(鹿児島県)のほか、難波(なにわ)、倭漢(やまとのあや)、河内漢(かわちのあや)、秦(はた)、書(ふみ)などの渡来系有力豪族などであった。やがて忌寸は秦氏や漢氏の同族に多く与えられ、渡来系氏族に多い姓ともなっていった。[原島礼二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の忌寸の言及

【氏姓制度】より

… このような氏の再編の作業はひきつづき行われ,684年(天武13)に,〈八色の姓(やくさのかばね)〉が制定された。その目的は,上位の4姓(かばね),つまり真人(まひと),朝臣(あそん),宿禰(すくね),忌寸(いみき)を定めることで,真人は,継体天皇より数えて5世以内の世代の氏にあたえられたといわれ,皇子・諸王につぐ皇親氏族を特定したので,飛鳥浄御原令で,官位を皇子・諸王と貴族(諸臣)で区別したことと共通する。したがって,貴族の姓(かばね)としては,朝臣,宿禰,忌寸の三つで,これが〈甲子の宣〉の大氏,小氏,伴造氏の発展形であり,その間にさらに氏族の再編が進められ,朝臣52氏,宿禰50氏,忌寸11氏におさめられたのである。…

【八色の姓】より

…天武の新姓ともいう。《日本書紀》天武13年10月条に〈諸氏の族姓(かばね)を改めて,八色の姓を作りて,天下の万姓を混(まろか)す〉とあり,真人(まひと),朝臣(あそん∥あそみ),宿禰(すくね),忌寸(いみき),道師(みちのし),(おみ),(むらじ),稲置(いなぎ)の8種類があげられている。第1の真人は,主として継体天皇以降の天皇の近親で,従来,公()(きみ)の姓を称していたものに授けられた。…

※「忌寸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忌寸の関連情報