邏卒(読み)ラソツ

世界大百科事典 第2版の解説

らそつ【邏卒】

明治初年の警察官。ポリスpoliceの訳語巡邏するの意味。1871年(明治4)10月東京府で3000名の卒を設けたのが最初。維新後,東京府の治安維持にあたった府兵諸藩から選抜された藩兵であるが,いちじるしく統制欠け,そのうえ同年7月の廃藩置県で廃止せざるをえなくなった。そこで欧米のポリスを模範に邏卒をおくこととし,取締組を編成,邏卒総長には川路利良が任じられた。3分の2にあたる2000名が鹿児島県士族であること,帯刀を禁じ3尺棒を持たせたのが特徴。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ら‐そつ【邏卒】

〘名〙
① 見まわりの兵士。巡邏の兵卒。
※随筆・秉燭譚(1729)五「京尹などの歴々の官人も、保卒邏卒のごとき賤役も通じて、これを所由と云と」 〔新唐書‐温庭筠伝〕
② 明治の初め、各府県に置き、警察事務に従事させた職。明治六年(一八七三)取締組、捕亡吏などとともにすべて番人と改称し、同七年等外吏に准じ、同八年ふたたび旧名に復し、同年巡査と改称された。
※太政官第五百五十三‐明治四年(1871)一〇月二三日「府下取締として邏卒三千人被備置候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報