コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邏卒 ラソツ

デジタル大辞泉の解説

ら‐そつ【×邏卒】

見回りの兵卒。巡邏兵。
明治初期の警察官の称。のち、巡査改称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

らそつ【邏卒】

明治初年の警察官。ポリスpoliceの訳語で巡邏するの意味。1871年(明治4)10月東京府で3000名の卒を設けたのが最初。維新後,東京府の治安維持にあたった府兵は諸藩から選抜された藩兵であるが,いちじるしく統制に欠け,そのうえ同年7月の廃藩置県で廃止せざるをえなくなった。そこで欧米のポリスを模範に邏卒をおくこととし,取締組を編成,邏卒総長には川路利良が任じられた。3分の2にあたる2000名が鹿児島県士族であること,帯刀を禁じ3尺棒を持たせたのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らそつ【邏卒】

見まわりの兵卒。巡邏じゆんらの兵隊。
巡査の旧称。明治初年、各府県で警察の任にあたった者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

邏卒の関連キーワード羅・螺・裸・邏大浦 兼武大浦兼武百姓一揆警視庁卒・率見回り洋服制服兵卒兵隊屯集旧称

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android