コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都水園石翁 とすいえん せきおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都水園石翁 とすいえん-せきおう

1850-1921 明治時代の狂歌師。
嘉永(かえい)3年生まれ。大坂の硯(すずり)職人。混沌軒国丸(こんとんけん-くにまる)(玉雲斎貞右(ぎょくうんさい-ていゆう))を祖とする丸派の判者(はんじゃ)であった。大正10年10月21日死去。72歳。姓は横田。通称は甚右衛門。別号に一合庵半酔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

都水園石翁の関連キーワード都水園 石翁明治時代狂歌師嘉永

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android