酒船石(読み)サカフネイシ

デジタル大辞泉の解説

さかふね‐いし【酒船石】

奈良県高市郡明日香村の丘陵上にある巨石。長さ5.3メートル、最大幅2.3メートル、厚さ1メートルの花崗岩(かこうがん)で、上面に数個の円形のくぼみとそれらを結ぶ溝がある。古代の醸造施設とする説もあるが不明。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかふねいし【酒船石】

奈良県明日香村にある、長さ約5メートル・幅約2メートル・厚さ約1メートルの石。上面にくぼみと溝が彫られ、古代の醸造用・製油器とされるが不明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒船石
さかふねいし

奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村岡にある2組の花崗岩(かこうがん)製の導水石。本居宣長(もとおりのりなが)らは醸造施設と解釈し、酒船石と名づけた。飛鳥寺(あすかでら)南東丘陵上の岡の酒船石は、長さ5.3メートル、最大幅2.3メートル、厚さ1メートル、円形窪(くぼ)を直線溝で樹系図状に結ぶ。この南東斜面より16個の車石とよぶ付属の導水石が出土している。また、現地にはないが、ここから数百メートル西の飛鳥川東岸出水(でみず)からも西洋ナシ形の石と溝を組み合わせた酒船石が出土した。出土位置からみると、飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや)推定地にかかわる一連の饗宴(きょうえん)用の導水施設である。[猪熊兼勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さかふね‐いし【酒船石】

奈良県高市(たかいち)郡明日香村にある花崗岩の巨石。長さ五・三メートル、最大幅二・三メートル、厚さ一メートルで、上面に四つのくぼみがあり溝でつながっている。園池で用いられたものといわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の酒船石の言及

【飛鳥の石造物】より

…奈良県明日香村を中心とし,高取町,橿原市のいわゆる〈飛鳥〉に点在する奇怪な形をした約20個の石造物。仏教美術とは異質にみえ,用途が明らかでないため,〈謎の石〉と呼ばれるが,姿・形から,猿石,人頭石,石人像,亀石,酒舟石,須弥山(しゆみせん)石,益田岩船,立石などと名付けられてきた。例えば〈酒舟石〉は巨石の上面を滑らかにし,円形のくぼみを細長の溝で樹系図状に結んだもので,西の丘陵下に向かって傾斜する。…

※「酒船石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android