飛鳥坐神社(読み)あすかにいますじんじゃ

百科事典マイペディアの解説

飛鳥坐神社【あすかにいますじんじゃ】

奈良県高市郡明日香(あすか)村鳥形山に鎮座。旧村社。事代主(ことしろぬし)神,大物主神天照大神,飛鳥三日比女命(あすかみかひめのみこと)などをまつる。甘南備飛鳥社(かんなびあすかのやしろ),遠飛鳥社(とおつあすかのやしろ)ともいい,大国主命が皇室の守護神として鎮祭したと伝える。延喜式内の名神大社。例祭のほか御田植祭(旧1月11日)は有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛鳥坐神社
あすかにいますじんじゃ

奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村飛鳥に鎮座。当社は『延喜式(えんぎしき)』に「飛鳥坐神社四坐」とあるが、その祭神については諸説がある。『日本紀略』によると、淳和(じゅんな)天皇の天長(てんちょう)6年(829)神託によって加美郷甘南備(かんなび)山すなわち飛鳥の雷丘(いかずちのおか)より現在地の鳥形(とりかた)山に奉遷したといわれている。旧村社。例祭は1月11日。このほか2月第1日曜にお田植神事があり夫婦和合の所作を行い、一般に「おんだ祭」として知られている。[吉井貞俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あすかにいます‐じんじゃ【飛鳥坐神社】

奈良県高市郡明日香村飛鳥にある神社。旧村社。祭神事代主神高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、大物主神、飛鳥三日比売神。もと雷丘(いかずちのおか)にまつられ天長六年(八二九)現在地に移る。社前に催馬楽にうたわれたものと推定される飛鳥井がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android