酢酸セルロース(読み)さくさんセルロース(英語表記)cellulose acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸セルロース
さくさんセルロース
cellulose acetate

アセチルセルロースともいう。セルロースの分子中の水酸基をアセチル化したもの。アセチル化の程度によりプラスチック,フィルムの原料になる。また,紡糸したものはアセテート繊維 (アセチル化の程度の大きいもの) として衣料,たばこフィルタなどに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さくさんセルロース【酢酸セルロース】

セルロースの酢酸エステル。パルプやリンターに酢酸を加え、濃硫酸を触媒としてつくる。写真フィルムなどに用いられる。アセチルセルロース。酢酸繊維素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android