コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸セルロース さくさんセルロースcellulose acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸セルロース
さくさんセルロース
cellulose acetate

アセチルセルロースともいう。セルロースの分子中の水酸基をアセチル化したもの。アセチル化の程度によりプラスチック,フィルムの原料になる。また,紡糸したものはアセテート繊維 (アセチル化の程度の大きいもの) として衣料,たばこフィルタなどに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さくさんセルロース【酢酸セルロース】

セルロースの酢酸エステル。パルプやリンターに酢酸を加え、濃硫酸を触媒としてつくる。写真フィルムなどに用いられる。アセチルセルロース。酢酸繊維素。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

酢酸セルロースの関連キーワードセルローストリアセテートアセチルセルロースG. イーストマン再生セルロース固形アルコールニトロプロパン写真フィルムホルムアミド映画フィルムイオン交換膜酢酸エステルジオキサン海水淡水化酢酸・醋酸酢酸繊維素リンターダイセル固形燃料人工象牙濃硫酸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android