コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸ヶ湯温泉 すかゆおんせん

3件 の用語解説(酸ヶ湯温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸ヶ湯温泉
すかゆおんせん

青森県青森市,市街地より南方 23km,八甲田山の主峰大岳西麓の温泉。標高 900mの高所にある。熱ノ湯,冷ノ湯,鹿ノ湯などがあり,湯量は豊富。泉質は硫黄泉。泉温は 48~65℃。胃腸病,皮膚病,神経系の諸病にきくといわれる。県内や北海道からの湯治客が多い。 1954年日本最初の国民保養温泉地に指定され,十和田八幡平国立公園の区域内にあり,その探勝の基地となっている。東北大学の高山植物研究所,弘前大学の温泉療養研究所がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すかゆ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【酸ヶ湯温泉】

青森市南部、八甲田山麓にある温泉。泉質は硫黄泉。千人風呂・まんじゅうふかし湯が名物。もと鹿湯(しかゆ)といい、昭和31年(1956)国民温泉第1号に指定。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すかゆおんせん【酸ヶ湯温泉】

青森県青森市、八甲田山の主峰大岳おおだけ中腹にある温泉。強酸性硫黄泉。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

酸ヶ湯温泉の関連キーワード雌阿寒岳クック海峡チェサピーク湾中山七里焼尻島石垣島マラソン甲州フルーツマラソン大会ホートン・クレーターラッパヤルヴィシンガポール

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸ヶ湯温泉の関連情報