コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸・塩基 さんえんきacid and base

世界大百科事典 第2版の解説

さんえんき【酸・塩基 acid and base】

酸と塩基の概念には幾多の歴史的な変遷があるが,基本的には水溶液中で水素イオンを増大させるものがで,水素イオンを減少させるものが塩基である,とすることができる。現在の考え方からすれば,酸や塩基というべきものはかなりの数が古くから知られていたが,酸や塩基という語や概念がふつうに用いられるようになるのは17世紀ないし18世紀ころからである。酸として最も古く知られているのは,発酵しすぎた酒や酢のような植物性の酸であって,酢はギリシア,ローマの著作や聖書,あるいは中国の史書などにも出てくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

酸・塩基の関連キーワードJ.N. ブレーンステズ水素イオン濃度指示薬ブレンステッド酸塩基代謝性アルカローシスフェノールフタレインニュートラルレッド代謝性アシドーシス腎臓病の主要な症状メチルバイオレット硬軟酸塩基の原理ピーエッチ指示薬ピーエッチ試験紙中和(ちゅうわ)アルカローシスチモールブルー酸塩基バランスメチルオレンジブレンステッドpH 試験紙還元(化学)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酸・塩基の関連情報