コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歳費 さいひ

5件 の用語解説(歳費の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歳費
さいひ

国会議員に対する支給金のこと。歳費の起源はイギリスにある。 13世紀に各選挙区の代表は議会開会中,選挙区から日当を受けていた。しかし,17世紀末にはこの支給はほとんど行われなくなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

歳費【さいひ】

国会議員に対して支給される手当。議員は一般職国家公務員の最高の給料額より少なくない歳費を受けることが国会法で定められている。衆参両議院議長は内閣総理大臣,同副議長は国務大臣,議員は政務次官それぞれの俸給月額に相当する歳費月額を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歳費
さいひ

国会議員は、法律の規定によって国庫から相当額の報酬を受けるが、これを歳費という。この権利は憲法上、不逮捕特権免責特権とともに、議員特権といわれる。歳費は、国会法第35条により、一般職の国家公務員の最高の給料より少なくない額とされている。議員には歳費のほか、旅費、各種手当、諸雑費、退職金、弔慰金、その他の給付がなされるが、いずれも公選議員としての議員活動を保障するための経済的給付である。[山野一美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の歳費の言及

【国会議員】より

…そのほか,討論に参加し,表決に加わる権能等をもっている。また,国会議員は,〈国会議員の歳費,旅費及び手当等に関する法律〉(1947公布)により,一般公務員の最高給料額を下まわらない歳費を国費から受ける(日本国憲法49条,国会法35条)。そのほか,諸手当,議員会館,秘書の便宜が保障されている。…

※「歳費」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

歳費の関連情報