出金(読み)しゅっきん

精選版 日本国語大辞典「出金」の解説

しゅっ‐きん【出金】

金銭を出すこと。また、その金銭。出銀。〔書言字考節用集(1717)〕
公議所日誌‐三・明治二年(1869)三月「万一国家大費用の時は、農商に出金致さすも、強奪兼併のに非ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出金」の解説

しゅっ‐きん【出金】

[名](スル)金銭を出すこと。また、その金銭。出銀。「経費として出金する」「出金伝票」⇔入金
[類語]支出出費出銭でせん失費掛かりつい物入り支払い歳出経費実費雑費歳費決済勘定支弁払い払い込み醵出きょしゅつ醵金きょきん出資先払い前払い後払い未払い不払い追いばら延べ払い一時払い分割払い有る時払い遅払い出世払い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android