コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里木貝塚 さとぎかいづか

2件 の用語解説(里木貝塚の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さとぎかいづか【里木貝塚】

岡山県浅口郡船穂町大字船穂字北谷,里木にある縄文時代の貝塚。貝塚には鹹水(かんすい)性の貝が堆積し,高梁(たかはし)川の西岸,沖積平野に接する丘陵南端部に位置している。1919年と22年の2回にわたって清野謙次が発掘。遺跡上層から縄文時代中期の里木II式土器が発見され,下層から縄文時代前期末の里木I式土器が発見された。縄文人骨や玦状(けつじよう)耳飾のほか,石鏃・石錐・石匙(いしさじ)・打製石斧磨製石斧などの石器類も出土している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里木貝塚
さとぎかいづか

岡山県倉敷(くらしき)市船穂町(ふなおちょう)船穂の沖積地に面する丘陵の裾にある縄文時代の貝塚遺跡。海岸砂州上に立地し、ほぼ50メートル四方に厚さ1メートル弱の混土貝層が残されている。遺物は、縄文前期前半は貝層下の砂層中から出土するが、前期中頃以降後期初めには貝層を伴う。貝層中心部は中期に属し、ハイガイを主体とする。1922年(大正11)の清野謙次(きよのけんじ)の小発掘のあと、1969年(昭和44)に倉敷考古館が調査した。出土土器は、前期末の里木式、中期の船元式、里木式に細分され、中国・近畿地方における縄文中期土器編年の基準となっている。石器は、石鏃(せきぞく)、石匙(いしさじ)、石錘(せきすい)、凹石(くぼみいし)が多い。貝輪も多かったが、埋葬人骨の腕に着装されたまま出土したのは、中期末から後期前半に属する人骨21体のうちの1体だけであった。実年代は約5500~4500年前。[春成秀爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

里木貝塚の関連キーワード倉敷金光金光教浅口タリム川三宅西浦渡辺太惣治おかやまからくち里見鶴花乃友

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone