コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重の井子別れ しげのいこわかれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重の井子別れ
しげのいこわかれ

人形浄瑠璃恋女房染分手綱 (こいにょうぼうそめわけたづな) 』全 13段中の 10段目の名称,および全段の俗称。丹波国の城主由留木 (ゆるぎ) 家の息女調姫 (しらべひめ) は,幼くして関東の入間 (いるま) 家に養女に行く道中,関でむずかり,乳人 (めのと) 重の井をはじめ供の者を困らす。そこへ馬子の自然生 (じねんじょ) の三吉が呼ばれ,道中双六などで姫の機嫌を直す。実は三吉は重のと家老の子息与作とのお家御法度 (ごはっと) の不義の子で,与作は家を追放され,いまは関で馬方をしている。重の井は母を慕い寄る子を,お家の名誉を思ってわが子と認めずに返す。封建制度に縛られた母と,大人びたなかにいじらしさをもつ子の間の情愛の描写が好まれ,初演後この段だけでしばしば上演されている。歌舞伎化は同年江戸中村座。その後改作として『男重の井』『けいせい重の井』などの趣向が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しげのいこわかれ【重の井子別れ】

人形浄瑠璃「恋女房染分手綱」十段目の通称。主家への義理と生みの子三吉への愛情との板ばさみとなった重の井の苦衷、悲しみを描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重の井子別れ
しげのいこわかれ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の重の井子別れの言及

【丹波与作待夜の小室節】より

…《落葉集》などに所収の歌謡や古浄瑠璃,歌舞伎で人々に知られた丹波与作を主人公とするが,筋立ては近松の創作になる。母と名のれぬ滋野井の苦衷や,母をしたう三吉のいたいけな感情が描かれる序幕がすぐれており,《恋女房染分手綱》(1751)の中に〈重の井子別れ〉としてまるごと採り入れられ,現在もたびたび上演される。それにくらべ,与作は先行作のイメージによりかかったためか,十分に描かれているとはいいがたい。…

※「重の井子別れ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

重の井子別れの関連キーワード竹本 重之助(2代目)桐竹紋十郎(初代)人形浄瑠璃竹本大和掾苦衷子役