コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野兎病(大原病) やとびょうおおはらびょう Tularemia

翻訳|Tularemia

1件 の用語解説(野兎病(大原病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

やとびょうおおはらびょう【野兎病(大原病) Tularemia】

[どんな病気か]
 野兎病菌という細菌の感染によっておこる人獣共通の感染症です。
 元来は、ウサギやリスの間に流行する病気で、この病気にかかっているノウサギを捕らえて皮をはいだり、調理をしたときに、手の傷や目の粘膜(ねんまく)から菌が侵入すると、人に感染します。ダニに刺されたり、ダニをつぶしたりしても感染します。人から人へ直接に伝染はしません。
 アメリカでは、致命率が3%といわれています。
 日本では、東北、関東、甲信越のノウサギがこの病気をもっていることが多く、農業や猟をする人がかかることがありますが、死亡する人はほとんどありません。
[症状]
 感染して2~5日後、寒けとともに、38~40℃に発熱し、頭痛、関節痛、嘔吐(おうと)などがおこります。これ以後の症状は、菌の侵入部位によってちがいます。
①この病気の約80%は、皮膚の傷から菌が侵入します。
 菌の侵入部位(多くは指や手)に赤い発疹(ほっしん)ができて痛み、化膿(かのう)し、潰瘍(かいよう)になります。
 肘(ひじ)やわきの下リンパ節(せつ)が鶏卵大に腫(は)れ、夕方になると発熱する状態が2~3週間続き、衰弱(すいじゃく)します。腫れたリンパ節が破れて膿(うみ)が出ると、治りにくい孔(あな)が残ります。
②目の粘膜(ねんまく)から菌が入ると、目の組織や粘膜に炎症がおこり、痛み、むくみ、流涙(りゅうるい)などが生じ、頭部や頸部(けいぶ)のリンパ節が腫れて化膿します。
③菌を吸入すると、胸痛(きょうつう)、せき、たんなど、肺炎のような症状になります。他の病型から移行することもあります。
④主症状が熱だけのもの、消化管に病変を生じ、嘔吐(おうと)、下痢(げり)、腹痛などを生じるものも、まれにあります。
 以上、どのケースも、最初の2~3日の高熱の後、中等度の熱が10~30日続き、抗生物質療法を受けないと長びきます。
[治療]
 ストレプトマイシンテトラサイクリンなどの抗生物質がよく効きます。早く治療を受ければリンパ節を切らずに治りますが、リンパ節の腫れがひかない場合は、切開による膿の排出(はいしゅつ)やリンパ節の手術が必要になります。
[予防]
 流行地のノウサギ、ことに弱ったり、死んだりしたものには触れないようにします。触れたときは石けんなどで手をよく洗います。皮をはいだり調理した器具はよく煮沸(しゃふつ)消毒し、疑わしい肉は食べないか、よく煮て食べるようにします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

野兎病(大原病)の関連キーワード硫黄細菌大原病野兎病何心地不死身病は気から好熱菌好酸性菌パーバント渓ペスト野兎病硫酸還元菌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone