コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野尻抱影 のじりほうえい

5件 の用語解説(野尻抱影の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野尻抱影
のじりほうえい

[生]1885.11.15. 横浜
[没]1977.10.30. 東京
随筆家。本名,正英。 1906年早稲田大学英文科卒業。在学中から相馬御風らの雑誌『白百合』に評論などを発表。その後ジャーナリストとして活躍するかたわら,星座についての研究を深め,星のロマンチシズムについて語る随筆家として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

野尻抱影【のじりほうえい】

文学者,民俗学者。横浜の生れ。本名正英。大仏(おさらぎ)次郎は弟。世界各地の星の神話や伝説などの考証を行う。《日本の星》をはじめ,日本古来の数百種にのぼる星の和名を集めた《日本星名辞典》などの著書がある。
→関連項目大仏次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野尻抱影 のじり-ほうえい

1885-1977 昭和時代の天文研究家。
明治18年11月15日生まれ。大仏(おさらぎ)次郎の兄。出版社勤務のかたわら,星座や天文に関する啓蒙書,随筆をおおく執筆。また星の名についての方言を収集して「日本星名辞典」にまとめた。昭和52年10月30日死去。91歳。神奈川県出身。早大卒。本名は正英。著作に「星座巡礼」「日本の星」など。
【格言など】私の死後の連絡先は……(死の間際のつぶやき)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

のじりほうえい【野尻抱影】

1885~1977) 星の伝承などの研究家。横浜市生まれ。本名、正英。大仏次郎の兄。早大卒。星や星座に関する多数の随筆を執筆。和名「冥王星」の提案者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野尻抱影
のじりほうえい
(1885―1977)

星の民俗学者、随筆家。横浜市生まれ。本名は野尻正英(まさふさ)。作家の大仏次郎(おさらぎじろう)の兄。1906年(明治39)早稲田(わせだ)大学英文学科を卒業。甲府中学、麻布(あざぶ)中学の教師を経て、1919年(大正8)出版社の研究社に入社、第二次世界大戦終戦まで編集に携わった。この間、天文に関する随筆を多数執筆、また1930年(昭和5)には、当時発見され、太陽系第九番惑星とされたプルートに「冥王星(めいおうせい)」という和名を提案した。なお、2006年8月の国際天文学連合(IAU:International Astronomical Union)総会において、冥王星を太陽系の惑星とせず、準惑星(じゅんわくせい)とする新定義がなされている。民俗学的視点から著した『日本の星』(1936)、『日本星名辞典』(1973)ほか、多くの著作がある。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野尻抱影の関連キーワード藪内清神田茂上田穣田中作太郎辻隆広瀬秀雄古畑正秋前原寅吉宮地政司山本一清

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野尻抱影の関連情報