コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野尻抱影 のじりほうえい

5件 の用語解説(野尻抱影の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野尻抱影
のじりほうえい

[生]1885.11.15. 横浜
[没]1977.10.30. 東京
随筆家。本名,正英。 1906年早稲田大学英文科卒業。在学中から相馬御風らの雑誌『白百合』に評論などを発表。その後ジャーナリストとして活躍するかたわら,星座についての研究を深め,星のロマンチシズムについて語る随筆家として知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

野尻抱影【のじりほうえい】

文学者,民俗学者。横浜の生れ。本名正英。大仏(おさらぎ)次郎は弟。世界各地の星の神話や伝説などの考証を行う。《日本の星》をはじめ,日本古来の数百種にのぼる星の和名を集めた《日本星名辞典》などの著書がある。
→関連項目大仏次郎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野尻抱影 のじり-ほうえい

1885-1977 昭和時代の天文研究家。
明治18年11月15日生まれ。大仏(おさらぎ)次郎の兄。出版社勤務のかたわら,星座や天文に関する啓蒙書,随筆をおおく執筆。また星の名についての方言を収集して「日本星名辞典」にまとめた。昭和52年10月30日死去。91歳。神奈川県出身。早大卒。本名は正英。著作に「星座巡礼」「日本の星」など。
【格言など】私の死後の連絡先は……(死の間際のつぶやき)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のじりほうえい【野尻抱影】

1885~1977) 星の伝承などの研究家。横浜市生まれ。本名、正英。大仏次郎の兄。早大卒。星や星座に関する多数の随筆を執筆。和名「冥王星」の提案者。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野尻抱影
のじりほうえい
(1885―1977)

星の民俗学者、随筆家。横浜市生まれ。本名は野尻正英(まさふさ)。作家の大仏次郎(おさらぎじろう)の兄。1906年(明治39)早稲田(わせだ)大学英文学科を卒業。甲府中学、麻布(あざぶ)中学の教師を経て、1919年(大正8)出版社の研究社に入社、第二次世界大戦終戦まで編集に携わった。この間、天文に関する随筆を多数執筆、また1930年(昭和5)には、当時発見され、太陽系第九番惑星とされたプルートに「冥王星(めいおうせい)」という和名を提案した。なお、2006年8月の国際天文学連合(IAU:International Astronomical Union)総会において、冥王星を太陽系の惑星とせず、準惑星(じゅんわくせい)とする新定義がなされている。民俗学的視点から著した『日本の星』(1936)、『日本星名辞典』(1973)ほか、多くの著作がある。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野尻抱影の関連キーワード東京芸術大学120周年巨文島事件グラント坪内逍遥パークスボードイン一次脱ガラス化作用大阪事件後藤牧太天津条約

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野尻抱影の関連情報