コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢遺跡 のざわいせき

世界大百科事典 第2版の解説

のざわいせき【野沢遺跡】

栃木県宇都宮市国本町野沢にあり,多くの土器が出土することから,すでに明治年間から著名になった弥生時代遺跡。宇都宮市街地の中心から北方へ約6km隔たったところにあり,標高は170mあるが,付近の沖積地面からの比高は2~3mの低台地上に位置している。縄文時代後期の遺跡と重複するが,弥生土器を出土する範囲は限られており,完形の壺や人面土器,それに管玉(くだたま)も出土していることから,今日いう再葬墓の遺跡であったとみてよい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

野沢遺跡の関連キーワード青森県むつ市脇野沢桂沢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android