コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢遺跡 のざわいせき

1件 の用語解説(野沢遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のざわいせき【野沢遺跡】

栃木県宇都宮市国本町野沢にあり,多くの土器が出土することから,すでに明治年間から著名になった弥生時代の遺跡。宇都宮市街地の中心から北方へ約6km隔たったところにあり,標高は170mあるが,付近の沖積地面からの比高は2~3mの低台地上に位置している。縄文時代後期の遺跡と重複するが,弥生土器を出土する範囲は限られており,完形の壺や人面土器,それに管玉(くだたま)も出土していることから,今日いう再葬墓の遺跡であったとみてよい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野沢遺跡の関連キーワード宇都宮市二荒山神社宇都宮大学宇都宮動物園東武宇都宮百貨店とちのきファミリーランドベルさくらの湯みやかめくん宇都宮貞綱宇都宮義綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone