コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釐金税 リキンゼイ

デジタル大辞泉の解説

りきん‐ぜい【×釐金税】

中国で、1853年に朝が実施した内国関税の一。その税率が100分の1、すなわち1釐であることからいう。太平天国鎮圧のための臨時的課税であったが、のち恒常的となり、1931年、関税自主権の回復とともに廃止

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釐金税
りきんぜい

中国で1853年に清(しん)朝が新しく実施した内国関税の一種。清朝は太平天国鎮圧のため膨大な軍事費を支出したが、戦乱のため主要な財源である地丁銀(ちていぎん)(土地税)、塩税などからの収入は激減していた。このため創案されたのが、流通過程に対する課税であった。釐金は従来の内国関税が遠隔地商業をおもな対象としていたのに対し、地域的、局地的な商品流通を対象としたため、確実な実績をあげ、やがて全国各省に拡大した。本来太平天国鎮圧のための臨時的な課税であったが、地方行政費の重要な部分を占め、この徴収に地方有力者が携わったために恒常的な税となり、その課税対象も拡大された。これによって、とくに零細な商人、生産者、消費者が深刻な影響を受け、外国人商人、外国商品の流入との競争のうえでも不利に働いた。1931年、関税自主権の回復とともに廃止された。[高橋孝助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

釐金税の関連キーワード釐金清朝

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android