コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釐金税 リキンゼイ

2件 の用語解説(釐金税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りきん‐ぜい【×釐金税】

中国で、1853年に朝が実施した内国関税の一。その税率が100分の1、すなわち1釐であることからいう。太平天国鎮圧のための臨時的課税であったが、のち恒常的となり、1931年、関税自主権の回復とともに廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釐金税
りきんぜい

中国で1853年に清(しん)朝が新しく実施した内国関税の一種。清朝は太平天国鎮圧のため膨大な軍事費を支出したが、戦乱のため主要な財源である地丁銀(ちていぎん)(土地税)、塩税などからの収入は激減していた。このため創案されたのが、流通過程に対する課税であった。釐金は従来の内国関税が遠隔地商業をおもな対象としていたのに対し、地域的、局地的な商品流通を対象としたため、確実な実績をあげ、やがて全国各省に拡大した。本来太平天国鎮圧のための臨時的な課税であったが、地方行政費の重要な部分を占め、この徴収に地方有力者が携わったために恒常的な税となり、その課税対象も拡大された。これによって、とくに零細な商人、生産者、消費者が深刻な影響を受け、外国人商人、外国商品の流入との競争のうえでも不利に働いた。1931年、関税自主権の回復とともに廃止された。[高橋孝助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

釐金税の関連キーワード旗地光復会コブド易姓清朝長髪賊清朝体慣行農法韓国の家庭ごみ有料化補償金請求権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone