コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金丸座 カナマルザ

大辞林 第三版の解説

かなまるざ【金丸座】

香川県琴平町にある江戸時代の芝居小屋。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金丸座
かなまるざ

香川県琴平(ことひら)町にある江戸時代の芝居小屋。金毘羅(こんぴら)宮の祭礼のつど、金毘羅大芝居と称して芝居興行と富籤(とみくじ)場を兼ねた仮設の小屋が毎年建てられていたが、1835年(天保6)建築費の節約のため常小屋をつくることになり、大坂三座の大西(おおにし)芝居(後の浪花(なにわ)座)に倣(なら)ってつくられた。明治以後、稲荷(いなり)座、千歳(ちとせ)座、金丸座と名が変わり、正面の木戸回りは大阪の角(かど)座に倣って改造された。この建物は1975年(昭和50)町内から愛宕山(あたごやま)の麓(ふもと)に移築され、客席、舞台、楽屋回りは建築時の形に復原されたが、木戸回りは1898年(明治31)の改造の姿をとどめている。客席上は天井が張られず、桟敷(さじき)、花道(はなみち)のほか、奈落(ならく)や鳥屋(とや)に至るまで旧規が保たれ、江戸時代の芝居小屋を知る唯一の遺構であり、国の重要文化財に指定されている。回り舞台は人力で動かす古風なもので、地面には足掛りの石が埋められている。1985年から本格的な歌舞伎(かぶき)公演が毎年春に行われるようになり、全国から観客を集めている。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金丸座の関連キーワード琴平町立歴史民俗資料館香川県仲多度郡琴平町こんぴら歌舞伎金比羅歌舞伎琴平(町)芝居小屋江戸時代かけすじ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金丸座の関連情報