コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金利裁定 きんりさいてい interest arbitrage

翻訳|interest arbitrage

4件 の用語解説(金利裁定の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金利裁定
きんりさいてい
interest arbitrage

資本移動が自由で,内外の資産が完全代替的であるという仮定のもとでは,内外金利差に一致するよう為替レートの変化率が決定されるということ。すなわち自国資産と外国資産の期待収益率が等しくなるように裁定されることを指す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金利裁定【きんりさいてい】

金融市場間に金利差が存在するときに,低金利の市場で資金を調達して高金利の市場でその資金を運用し利益を稼ぐ取引のこと。利子裁定ともいう。この取引には,かつてさかんであった外国為替市場における2国間の金利差と直物(じきもの)・先物為替相場の乖離率(直先スプレット)との開きを利用したもののほかに,最近では金融自由化などに伴って,一国内の短期金融市場相互間,債券の現物・先物市場間などでも行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きんりさいてい【金利裁定 interest arbitrage】

国際間に金利差がある場合,国際的に資金を移動して利ざやを稼ごうとする取引のこと。短期国際資本移動の大きな要素である。 固定為替相場制のように為替リスクがない場合は,内外金利差が直接に比較される。たとえば,短期利子率ニューヨークにおいて東京より高かったとすれば,短期資金の運用先を東京からニューヨークへ移すことが有利となる。しかし,変動相場制のもとでは為替リスクが生じるため,内外金利差のみを資本移動の要因とすることはできなくなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんりさいてい【金利裁定】

金融市場間の金利差を利用し利益を得る行為。また、それによって金利差が解消すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金利裁定の関連キーワード金主金利裁定取引金現送決済通貨国際人国際的ホットマネースワップポイントリーズ&ラグズ中銀の預金金利

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金利裁定の関連情報