(読み)クウ

デジタル大辞泉の解説

くう【功】

手柄。功績。こう。
「この頃のわが恋力(こひぢから)記(しる)し集め―に申さば五位の冠(かがふり)」〈・三八五八〉

こう【功】

すぐれた働き。りっぱな仕事。てがら。「を立てる」「内助の
経験や努力の積み重ねで出てくる効果。ききめ。功用。「蛍雪(けいせつ)のを積む」
金鵄(きんし)勲章等級一級から七級まであった。

こう【功】[漢字項目]

[音]コウ(漢) (呉) [訓]いさお いさおし
学習漢字]4年
〈コウ〉
立派な仕事。手柄。「功罪功績功名功利功労勲功成功戦功年功
ききめ。「奏功
工夫。技術。「気功
〈ク〉
ききめ。ごりやく。「功徳(くどく)功力(くりき)
工夫。手段。「功夫(くふう)
[名のり]あう・あつ・いさ・かた・かつ・こと・つとむ・なり・なる・のり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くう【功】

〔呉音〕
功績。てがら。 「このころの我が恋力こいぢから記し集め-に申さば五位の冠かがふり/万葉集 3858

こう【功】

成しとげた仕事。特に成功をおさめた立派な仕事をいう。手柄。いさお。功績。 「 -を急ぐ」 「立案者として-があった」 「 -に報いる」
経験の蓄積。年功。 「年の-」 「舞台では随分-を積んだ古強者ふるつわものである/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

功の関連情報