コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クウ

デジタル大辞泉の解説

くう【功】

手柄。功績。こう。
「この頃のわが恋力(こひぢから)記(しる)し集め―に申さば五位の冠(かがふり)」〈・三八五八〉

こう【功】

すぐれた働き。りっぱな仕事。てがら。「を立てる」「内助の
経験や努力の積み重ねで出てくる効果。ききめ。功用。「蛍雪(けいせつ)のを積む」
金鵄(きんし)勲章等級一級から七級まであった。

こう【功】[漢字項目]

[音]コウ(漢) (呉) [訓]いさお いさおし
学習漢字]4年
〈コウ〉
立派な仕事。手柄。「功罪功績功名功利功労勲功成功戦功年功
ききめ。「奏功
工夫。技術。「気功
〈ク〉
ききめ。ごりやく。「功徳(くどく)功力(くりき)
工夫。手段。「功夫(くふう)
[名のり]あう・あつ・いさ・かた・かつ・こと・つとむ・なり・なる・のり

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くう【功】

〔呉音〕
功績。てがら。 「このころの我が恋力こいぢから記し集め-に申さば五位の冠かがふり/万葉集 3858

こう【功】

成しとげた仕事。特に成功をおさめた立派な仕事をいう。手柄。いさお。功績。 「 -を急ぐ」 「立案者として-があった」 「 -に報いる」
経験の蓄積。年功。 「年の-」 「舞台では随分-を積んだ古強者ふるつわものである/社会百面相 魯庵

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

功の関連キーワード大阪府大阪市西区安治川ミクロコスモス花を持たせる聖徒の交わり労して功なし名を遂げる佐々木良祐豊田彦次郎菊地功阿弥実を挙げる短気は損気妙喜庵功叔錦を飾る金鵄勲章蛍雪の功殿堂入り鎌倉三老殿御振り閼伽灌頂豊田亮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

功の関連情報