金時にんじん

デジタル大辞泉プラスの解説

金時にんじん

大阪府大阪市浪速区で生産されるニンジン江戸時代から栽培が始まり、昭和初期までとくに盛んだった。長さは約30cm、色は鮮やかな紅色肉質は柔軟で、甘みが強い。かつては「大阪にんじん」とも呼ばれた。大阪府により「なにわ伝統野菜」に認定されている。

金時にんじん

香川県、徳島県、京都府などで生産されるニンジン。の長さは30cmほどで細長く先がとがり、色は鮮紅色でつやがある。肉質は柔軟で甘みがあり、煮くずれしにくい。主に関西以西で利用される東洋系のニンジンで、特に京料理でよく用いられることから、「京にんじん」とも呼ばれる。「金時」の名称は「赤ら顔坂田金時(金太郎)」に由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

金時にんじん[根菜・土物類]
きんときにんじん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
にんじんともいわれるが、京の伝統野菜には含まれていない。しかし、京料理に欠かせない彩りとして、古くから用いられてきた。西洋にんじんよりも長く、まで鮮やかな紅色である点が特徴。やわらかく甘味がある。粕汁正月の煮しめなど冬の料理の彩りとして欠かせない食材。間引き菜もにんじん葉として和え物に最適。

金時にんじん[根菜・土物類]
きんときにんじん

四国地方、香川県の地域ブランド。
主に坂出市で生産されている。江戸時代初期に中国から入ってきた東洋種のにんじん。坂出市では1933(昭和8)年頃から栽培されている。西洋種のにんじんと較べ、肉質がやわらかく強い甘味をもち臭みも少ない。讃岐の正月には、おせち料理の煮しめや雑煮として欠かせない。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android