コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金海式土器 きんかいしきどき

1件 の用語解説(金海式土器の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんかいしきどき【金海式土器】

金海土器ともいう。金海貝塚にちなんで,金海遺跡(金海)出土の陶質土器を指標として名づけられた。中国の灰陶の流れをくみ,1世紀後半から4世紀ごろにかけて,朝鮮半島の南東海岸地方を中心にして製作された。先行する無文土器に新たに加わった土器で,のちの伽倻土器へと発展する。精選された粘土を使い,叩き技法で整形された。表面には,整形時の格子目文,縄蓆(じようせき)文,平行線文を残し,横位の沈線文をめぐらす。主として,還元炎焼成によって硬く焼き上げられ,黝青(ゆうせい)色のものが多いが,なかには灰色,黄褐色を呈するものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金海式土器の関連キーワード黄金海岸ガーナ彩陶夏島貝塚白金海綿金海国名金海鼠ミニチュア土器池原日南

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone