金看板(読み)キンカンバン

デジタル大辞泉の解説

きん‐かんばん【金看板】

金文字を彫りこんだ看板。
世間に対して誇示・宣伝する主義や主張など。「即断即行を金看板に掲げる政治家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんかんばん【金看板】

金文字を彫り込んだ看板。
世間に対して誇らしく掲げるしるし。世間に堂々と示す主義・主張・商品など。 「減税を政策の-にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐かんばん【金看板】

〘名〙
① 金文字を彫りこんだ看板。
※咄本・聞上手(1773)声の薬「玄関構へ 金看板(キンカンバン)出して『声の立つ薬』と書いてある」
世間に誇らしげに示す主義や思想、または、その世界や組織などで筆頭に挙げられる人や物など。
※読本・曲亭伝奇花釵児(1804)序「和漢一百五十年来、二子は作者の金字牌(キンカンパン)ならずや」
③ いつわりがなく確実なこと。信用できること。〔東京語辞典(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金看板の関連情報