コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一枚看板 イチマイカンバン

2件 の用語解説(一枚看板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちまい‐かんばん【一枚看板】

4が原義》
その団体の大立て者。また、大ぜいのなかの中心人物。「劇団の一枚看板
人に誇ることができる、ただ一つのもの。
「纔(わず)かに実直という点を―にして」〈里見弴・今年竹〉
その着物のほかに着替えのないこと。一張羅(いっちょうら)。
「春夏秋冬―で押し通す」〈漱石吾輩は猫である
上方の歌舞伎劇場で、木戸のかたわらに立てた大きな飾り看板。外題(げだい)を大書きし、上部に主な役者の絵姿を示した。江戸では大名題(おおなだい)といった。外題看板。→看板

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちまいかんばん【一枚看板】

が原義〕
一団の中の中心人物。 「我が社の-」
ほかに大した取り柄はないが、唯一魅力的な事物。 「物価安定策を党の-としている」
歌舞伎劇場の前に掲げた大きな看板。外題を大きく書き、その上部に主な役者の絵姿をかく。転じて、一座の中心役者をいう。元来は上方語で、江戸では大名題おおなだいといった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一枚看板の関連情報