コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一枚看板 イチマイカンバン

デジタル大辞泉の解説

いちまい‐かんばん【一枚看板】

4が原義》
その団体の大立て者。また、大ぜいのなかの中心人物。「劇団の一枚看板
人に誇ることができる、ただ一つのもの。
「纔(わず)かに実直という点を―にして」〈里見弴・今年竹〉
その着物のほかに着替えのないこと。一張羅(いっちょうら)。
「春夏秋冬―で押し通す」〈漱石吾輩は猫である
上方の歌舞伎劇場で、木戸のかたわらに立てた大きな飾り看板外題(げだい)を大書きし、上部に主な役者の絵姿を示した。江戸では大名題(おおなだい)といった。外題看板。→看板

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちまいかんばん【一枚看板】

が原義〕
一団の中の中心人物。 「我が社の-」
ほかに大した取り柄はないが、唯一魅力的な事物。 「物価安定策を党の-としている」
歌舞伎劇場の前に掲げた大きな看板。外題を大きく書き、その上部に主な役者の絵姿をかく。転じて、一座の中心役者をいう。元来は上方語で、江戸では大名題おおなだいといった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一枚看板の関連キーワード神田 伯龍(5代目)浮世亭 雲心坊小島 政二郎談洲楼燕枝落語の用語山田五十鈴豊竹 団司大名題看板小島政二郎歌舞伎劇場にごりえ庵看板上方語原義事物外題一座元来真打一団

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一枚看板の関連情報