コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金遣い・銀遣い きんづかい・ぎんづかい

2件 の用語解説(金遣い・銀遣いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金遣い・銀遣い
きんづかい・ぎんづかい

江戸時代の経済用語。金貨本位の取引を金遣い,銀貨本位の取引を銀遣いという。当時は金,銀,銭の3貨が流通していたが,金・銀貨の主たる流通範囲が異なっていた。物価から年貢納入までを,江戸を中心とする経済圏では金建てとし,大坂を中心とする経済圏では銀建てとしており,「江戸の金遣,大坂の銀遣」と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金遣い・銀遣い
きんづかいぎんづかい

江戸時代の貨幣流通の地域的特徴を表したもので、江戸を中心とする東国では金貨を基本に取引し、京・大坂を中心とする西国では銀貨を基本に取引したことをいう。江戸時代の貨幣制度は三貨制度ともいわれるように、金、銀、銭(ぜに)が並行して流通していたが、幕府は金貨をもって統一しようと意図していた。しかし、経済的先進地である畿内(きない)では中世より銀による取引になじんでおり、18世紀後期以降、西日本でも金貨が流通貨幣として銀貨をしのぐようになったが、計算貨幣としては明治初年まで銀遣いが続いた。また、西南日本や東北地方の一部では銭遣いが前時代より根強く続いており、複雑な様相を示していた。[岩橋 勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

金遣い・銀遣いの関連キーワード金貨本位制度金為替本位制度金本位制度兌換券封鎖体系金貨本位制銀高前場銀遣いアマウント(AMOUNT)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone