コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金遣い・銀遣い きんづかい・ぎんづかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金遣い・銀遣い
きんづかい・ぎんづかい

江戸時代の経済用語。金貨本位の取引を金遣い,銀貨本位の取引を銀遣いという。当時は金,銀,銭の3貨が流通していたが,金・銀貨の主たる流通範囲が異なっていた。物価から年貢納入までを,江戸を中心とする経済圏では金建てとし,大坂を中心とする経済圏では銀建てとしており,「江戸の金遣,大坂の銀遣」と呼ばれた。そのための両経済圏の商取引が盛んになると,金銀交換の標準比価が必要となり相場が立つようになった。しかし金銀比価の変動によって取引市場が混乱したため,幕府は法定比価を定めたが効果はなく,明治1 (1868) 年の明治政府の銀建て廃止までこの混乱状態が続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金遣い・銀遣い
きんづかいぎんづかい

江戸時代の貨幣流通の地域的特徴を表したもので、江戸を中心とする東国では金貨を基本に取引し、京・大坂を中心とする西国では銀貨を基本に取引したことをいう。江戸時代の貨幣制度は三貨制度ともいわれるように、金、銀、銭(ぜに)が並行して流通していたが、幕府は金貨をもって統一しようと意図していた。しかし、経済的先進地である畿内(きない)では中世より銀による取引になじんでおり、18世紀後期以降、西日本でも金貨が流通貨幣として銀貨をしのぐようになったが、計算貨幣としては明治初年まで銀遣いが続いた。また、西南日本や東北地方の一部では銭遣いが前時代より根強く続いており、複雑な様相を示していた。[岩橋 勝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金遣い・銀遣いの関連キーワード銭遣い岩橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android