コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜座 かまんざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜座
かまんざ

梵鐘,釜,鍋などの鋳造業者の組合。京都三条の釜が有名で,16世紀には蔵人所 (くろうどどころ) の供御人 (くごにん) として朝廷の保護を受けて活躍していた。このほか洛西の太秦 (うずまさ) にも釜座がみられる。三条釜座は豊臣秀吉による諸座廃止のときも,存続を許された。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまざ【釜座】

中世における鋳物師(いもじ)の座。鎌倉末の1289年(正応2)ごろには,京都三条町に釜座が成立している。もともと釜は遍歴する鋳物師によって造られていたが,中世に入ると定住する者も出はじめ,鍋,釜,鏡,鼎(かなえ)等を製作した。一方,梵鐘,仏像,鰐口,灯籠等は専門の職人が寺社の注文に応じて食糧や住宅を与えられて出張製作した。三条釜座は鐘から鍋,釜までを造ったが,とくに鐘と茶釜の製作にたんのうであり,文明10年(1478)の清水寺銅鐘,延徳3年(1491)銘の旧北野社銅鐘,永正14年(1517)銘の知恩院旧鐘は現存する三条釜座製作の鐘である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

釜座の関連キーワード京都府京都市中京区梅屋町京都府京都市中京区突抜町京都府京都市中京区桝屋町京都府京都市中京区亀屋町京都府京都市中京区大黒町大西清右衛門美術館方広寺(京都市)飯田助左衛門名越家昌与次郎釜大西浄林小石元俊名越三昌西村道仁辻与次郎和田国次名越善正大西浄清釜の座名越家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜座の関連情報