コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜座 かまんざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釜座
かまんざ

梵鐘,釜,鍋などの鋳造業者の組合。京都三条の釜が有名で,16世紀には蔵人所 (くろうどどころ) の供御人 (くごにん) として朝廷の保護を受けて活躍していた。このほか洛西の太秦 (うずまさ) にも釜座がみられる。三条釜座は豊臣秀吉による諸座廃止のときも,存続を許された。 (→ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまざ【釜座】

中世における鋳物師(いもじ)の座。鎌倉末の1289年(正応2)ごろには,京都三条町に釜座が成立している。もともと釜は遍歴する鋳物師によって造られていたが,中世に入ると定住する者も出はじめ,鍋,釜,鏡,鼎(かなえ)等を製作した。一方,梵鐘,仏像,鰐口,灯籠等は専門の職人が寺社の注文に応じて食糧や住宅を与えられて出張製作した。三条釜座は鐘から鍋,釜までを造ったが,とくに鐘と茶釜の製作にたんのうであり,文明10年(1478)の清水寺銅鐘,延徳3年(1491)銘の旧北野社銅鐘,永正14年(1517)銘の知恩院旧鐘は現存する三条釜座製作の鐘である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜座の関連情報