コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釧路沖地震 くしろおきじしん

2件 の用語解説(釧路沖地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釧路沖地震
くしろおきじしん

1993年1月 15日午後8時6分頃に釧路沖で発生したマグニチュード 7.5 (気象庁) の地震。気象庁による正式名称は「平成5年 (1993年) 釧路沖地震」。震源は北緯 42°55.2′,東経 144°21.2′。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くしろおき‐じしん〔‐ヂシン〕【釧路沖地震】

平成5年(1993)1月15日、釧路で震度6を観測した地震。マグニチュード7.5。太平洋プレートの内部で発生した地震としては規模が大きく、道路の陥没や家屋の倒壊のほか、都市ガス・水道などが被害を受けた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

釧路沖地震の関連キーワード怪獣世界遺産コン リースズキ ワゴンRりんたろうパニック!アブハジア紛争うわさSF映画東京ヴェルディ読書指導

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釧路沖地震の関連情報