コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三ヶ日人 みっかびじん

4件 の用語解説(三ヶ日人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三ヶ日人
みっかびじん

1958,1961年に,静岡県南西部三ヶ日町の石灰岩採石場から,鈴木尚,高井冬二らによって発掘された新人類の化石骨。アオモリゾウオオツノジカトラなどの動物化石が同時に発見されており,時代は更新世後期と推定される。人骨に含まれるフッ素の計量からも,縄文時代より古いことが示されている。人骨は頭骨,骨盤,大腿骨の破片で,全体として縄文時代人骨と似た形質をもっている。特に大腿骨は著しい柱状大腿骨であるが短く,推定される身長も約 150cmである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みっかび‐じん【三ヶ日人】

昭和34年(1959)静岡県の三ヶ日町(現在は浜松市の一部)の石灰岩採石場で発見された化石人骨。すべて破片であるが、更新世後期の人類と考えられ、成人男性で身長150センチと推定される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三ヶ日人【みっかびじん】

1959年―1961年静岡県三ヶ日町(現・浜松市)の石灰岩採石場で鈴木尚によって発見された化石人骨。頭頂骨,大腿(だいたい)骨等の骨片7。絶滅したトラやアオモリゾウの化石とともに発見されていることから1万5000〜3万年前に属するといわれる。
→関連項目三ヶ日[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みっかびじん【三ヶ日人】

1959年静岡県引佐郡三ヶ日町只木採石場のフィッシャー内堆積から鈴木尚,高井冬二により発掘された化石人骨。頭蓋骨5片,腸骨1片と,さらに61年採石作業中に発見された大腿骨1片,合計7片の化石人骨で,成人男性骨2体,女性骨1体の一部とみなされている。人骨の時代は,更新(洪積)世後期と推定されている。62年の鈴木の論文によれば,三ヶ日人は,脳頭蓋の高径が高く,大腿骨が柱状で,新人に属し,縄文人の祖型と考えられるが,身長は著しい低身で,成人男性で150cm前後と推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

三ヶ日人の関連キーワード岸信介内閣朝鮮映画テレビドラマ五月みどり芥川賞恐怖映画直木賞光の科学史弘田三枝子倍賞千恵子

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone