コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木東民 すずきとうみん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木東民
すずきとうみん

[生]1895.6.25. 東京
[没]1979.12.14. 釜石
新聞記者,政治家。 1923年東京大学経済学部卒業後,大阪朝日新聞社入社。 26年ドイツに留学,ナチズムの台頭をつぶさに観察しヒトラー批判の評論を日本の雑誌に寄稿。 34年ナチスに追放されて帰国,35年読売新聞社入社。外報部部長をつとめたのち論説委員。横浜事件に関連して事実上執筆停止に追込まれた。第2次世界大戦後,読売新聞社の民主化と経営幹部の戦争責任追及を求める運動を起し,従業員組合の委員長として2度にわたる争議を指導。2度目の争議において占領軍の介入を招き,解雇される。その後,幼年時代をおくった釜石市に戻り,55年釜石市長に当選。 67年まで3期つとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木東民 すずき-とうみん

1895-1979 昭和時代のジャーナリスト。
明治28年6月25日生まれ。昭和10年読売新聞社にはいる。戦後,社長以下幹部の戦争責任を追及し,従業員組合長として第1次読売新聞争議を指導。のち編集局長となる。第2次争議で敗北,退社。30年釜石(かまいし)市長(3期)。昭和54年12月14日死去。84歳。岩手県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木東民
すずきとうみん
(1895―1979)

昭和の新聞記者、政治家。明治28年6月25日岩手県生まれ。1923年(大正12)東京帝国大学経済学部を卒業、大阪朝日新聞社に入社。1926年日本電報通信社(現、電通)の海外留学生に応募、同社社員としてドイツに渡ったが、1933年(昭和8)反ナチ的人物として国外追放される。1935年読売新聞社に入社し、外報部次長、論説委員を歴任。1944年横浜事件の関係で休職処分を受ける。第二次世界大戦後ただちに正力松太郎(しょうりきまつたろう)社長以下幹部の戦争責任を追及し、従業員組合長として第一次読売新聞争議を指導した。争議の勝利により編集局長に就任。社内民主化にあたったが、占領軍の政策変更と経営者の反攻により第二次争議が発生した。争議は労働側の敗北に終わり、1946年(昭和21)退社。1955年以降、釜石(かまいし)市長を3期務めた。昭和54年12月14日死去。[有山輝雄]
『『市長随想 東北の一隅から』(1966・刀江書院) ▽鎌田慧著『反骨――鈴木東民の生涯』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鈴木東民の言及

【食糧メーデー】より

…同年3月以降,首都圏の食糧遅配は悪化しつづけ,全国的にも20~30日の遅配がみられ,京浜地区で5月に1日平均9名が餓死したとされる。東京,関東各地で生活擁護同盟,食糧管理委員会,人民食糧委員会などがつくられ,隠匿物資の摘発,区・市役所などへの要求行動,配給の監視などを行っていたが,2月,これら約300団体が合同して関東食糧民主協議会が結成され,鈴木東民,羽仁説子,加藤修治,原虎一,黒田寿男ら革新政党・労組代表,知識人などが指導部に就いた。この呼びかけで大会が開かれ,大会議長に鈴木東民が選ばれ,デモに移った。…

※「鈴木東民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴木東民の関連キーワードベーカー フレインジャーナリスト食糧メーデー安田 庄司昭和時代ナチズム鎌田慧

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android