コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横浜事件 よこはまじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横浜事件
よこはまじけん

1942年から起った雑誌『改造』『中央公論』などに対する言論弾圧事件。同年『改造』8,9月号に掲載された細川嘉六の『世界史の動向と日本』という論文を特別高等警察共産主義の偽装宣伝であるとして発禁に処し,9月 14日細川を検挙。さらに先に検挙されていた満鉄社員平館利雄の押収品のなかの写真を口実に共産党再建の謀議があったときめつけ,43年5月この写真に細川とともに写っていた『改造』編集部相川博ら7名を検挙。これが戦争に批判的であったジャーナリズムへの弾圧に拡大され,44年1月~45年4月に編集者 30名余が逮捕,投獄された。 44年7月には改造社中央公論社が解散を命じられ,事件関係者は治安維持法違反で起訴。 45年9月にやっと公判が開かれ,細川を除く全員が執行猶予となったが,この間激しい拷問が行われ2名が獄死し,出獄後も2名が死亡するという犠牲を出した。なお細川も 10月の治安維持法廃止により釈放された。この事件は東条英機のふところ刀といわれた唐沢俊樹内務次官により意図的に作りあげられたものといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

横浜事件

1942~45年、言論・出版に携わっていた約60人が「共産主義を宣伝した」などの治安維持法違反容疑で神奈川県警特高課に逮捕された。拷問で4人が獄死、約30人が有罪判決を受けた。のちの再審免訴の判決が出て、横浜地裁は2010年、刑事補償を認める決定で実質的な「無罪」判断を示した。

(2017-06-13 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よこはま‐じけん【横浜事件】

太平洋戦争中の昭和17年(1942)に起きた言論弾圧事件。神奈川県特高警察が雑誌「改造」の細川嘉六の論文を共産主義的として細川やその知人らを検挙、さらに関連の出版関係者を逮捕し、治安維持法違反として起訴した。拷問により数名の死者を出し、「改造」「中央公論」は廃刊させられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

横浜事件【よこはまじけん】

太平洋戦争中,特高警察の捏造(ねつぞう)によって起きた言論弾圧事件。1942年雑誌《改造》に掲載の論文が共産主義を宣伝するものとされ,著者細川嘉六は逮捕,《改造》は発禁処分を受けたのが口火。
→関連項目中央公論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よこはまじけん【横浜事件】

太平洋戦争下の特高警察による,研究者や編集者に対する言論・思想弾圧事件。1942年,総合雑誌《改造》8,9月号に細川嘉六論文〈世界史の動向と日本〉が掲載されたが,発行1ヵ月後,大本営報道部長谷萩少将が細川論文は共産主義の宣伝であると非難し,これをきっかけとして神奈川県特高警察は,9月14日に細川嘉六を出版法違反で検挙し,知識人に影響力をもつ改造社弾圧の口実をデッチ上げようとした。しかし,細川論文は厳重な情報局の事前検閲を通過していたぐらいだから,共産主義宣伝の証拠に決め手を欠いていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よこはまじけん【横浜事件】

太平洋戦争下の1942年(昭和17)に起きた神奈川県特高警察による言論弾圧事件。泊事件ともいう。雑誌「改造」に「世界史の動向と日本」という論文を寄せた細川嘉六が治安維持法違反に問われて検挙され、さらに細川所持の一枚の写真から日本共産党再建の陰謀ありとして多くの人が逮捕され、拷問による死者三人を含む犠牲者を出したでっちあげ事件。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横浜事件
よこはまじけん

太平洋戦争下に特別高等警察によってでっち上げられた最大の言論弾圧事件。1942年(昭和17)総合雑誌『改造』8~9月号に掲載された細川嘉六(かろく)の論文「世界史の動向と日本」は、内務省の事前検閲は通過していたが、陸軍報道部長谷萩那華雄(やはぎなかお)(1895―1949、戦犯として刑死)によって共産主義宣伝論文であると批判された。これをきっかけとして神奈川県特高は細川を検挙、さらに細川の知人や関係者が次々と検挙された。その検挙者の一人の家で1枚の写真が発見された。写真は、細川が『改造』『中央公論』『東洋経済新報』などの編集者や満鉄(南満州鉄道)調査部の人々と郷里の富山県泊(とまり)町(現朝日町)へ旅行したときのもので、神奈川県特高はこの会合を「泊共産党再建事件」としてフレームアップ(捏造(ねつぞう)、でっち上げ)し、編集者や調査員を続々検挙した。細川検挙に前後して、世界経済調査会の川田寿(ひさし)(1905―79)夫妻もアメリカ共産党と関係ありとして検挙され、さらに細川の関係していた昭和塾関係者も検挙された。これらの事件を口実として44年、改造社、中央公論社は軍閥政府から強制的に解散させられた。さらに日本評論社や岩波書店の編集者も検挙された。自白を強いる拷問は凄惨(せいさん)を極め、獄中死者、出獄直後の死者は4名を数えた。
 治安維持法違反で摘発された約60名のうち半数が起訴のうえ有罪となり、敗戦の年(1945)9~10月に懲役2年、執行猶予3年の判決で釈放された。元被告たちは、拷問した元特高警察官を告訴したが、有罪となったのは3名だけで、その警察官も投獄されなかった。戦後復刊された『改造』は1955年(昭和30)廃刊、『中央公論』は60年に『風流夢譚(むたん)』事件などで編集方針を後退させた。横浜事件と特高弾圧に関する記録は被害者によって精力的に書かれ、治安維持法や特高の恐ろしさを伝えた。86年末には元被告のなかの『改造』『中央公論』編集者たちが横浜事件の再審を裁判所に要求する運動を始めた。1994年(平成6)にも再審請求をしたが、いずれも「当時の訴訟記録が存在しない」などを理由に棄却された。98年には第三次再審請求が出され、「ポツダム宣言に違反する治安維持法は8月14日のポツダム宣言の受諾と同時に失効した」、その効力を失った法を根拠に有罪判決をすることはできない、「無罪、もしくは刑の廃止があったとして免訴を言い渡すべきだった」として、裁判のやり直しを求めている。1945年の判決から半世紀以上を経て元被告人の多くは亡くなった。第三次の請求人6人のうち元被告本人は1人であったが、その1人も2003年3月末に亡くなった。それから半月後の4月15日、第三次再審請求に対して、横浜地方裁判所は、再審の開始を認める決定を出した。同地裁は、「ポツダム宣言受諾によって同法は実質的に効力を失っており、元被告らには免訴を言い渡すべき理由があった」とし、法令適用の誤りを理由に再審開始を認めたのである。[松浦総三]
『松浦総三著『戦時下の言論統制』(1975・白川書院新社) ▽美作太郎ほか著『横浜事件』(1977・日本エディタースクール出版部) ▽中村智子著『横浜事件の人びと』増補版(1979・田畑書店) ▽木村亨著『横浜事件の真相――つくられた「泊会議」』(1982・筑摩書房) ▽畑中繁雄・梅田正己著『日本ファシズムの言論弾圧抄史――横浜事件・冬の時代の出版弾圧』(1986・高文研) ▽青山憲三著『横浜事件 元「改造」編集者の手記』(1986・希林書房) ▽笹下同志会編『横浜事件資料集』(1986・東京ルリユール) ▽神奈川新聞社編・刊『「言論」が危うい――国家秘密法の周辺』(1987・日本評論社発売) ▽海老原光義著『横浜事件――言論弾圧の構図』(1987・岩波書店) ▽小野貞・気賀すみ子著『横浜事件・妻と妹の手記』(1987・高文研) ▽森川金寿著『細川嘉六獄中調書――横浜事件の証言』(1989・不二出版) ▽小泉文子著『もうひとつの横浜事件――浅石晴世をめぐる証言とレクイエム』(1992・田畑書店) ▽小野貞・大川隆司著『横浜事件――三つの裁判』(1995・高文研) ▽横浜事件の再審を実現しよう! 全国ネットワーク編『世紀の人権裁判 横浜事件の再審開始を!』(1999・樹花舎・星雲社発売) ▽木村亨著、松坂まき編『横浜事件 木村亨全発言』(2002・インパクト出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の横浜事件の言及

【改造】より

…改造社は《女性改造》(1922‐24,46‐51),《文芸》(1933‐44)などの雑誌も発行したほか,単行本の出版もし,いわゆる円本時代の端緒をひらき,29年には《改造文庫》を発刊した。戦時期には《改造》42年8・9月号に掲載された情報局検閲済みの細川嘉六の論文〈世界史の動向と日本〉が陸軍報道部に摘発され,〈横浜事件〉の捏造(ねつぞう)につながった。以後改造社への軍部の圧力が強まり,編集部員が入れかえられ社会批判の姿勢をくずすが,44年6月同社は解散,6月号かぎり《改造》も休刊した。…

※「横浜事件」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

横浜事件の関連キーワード細川嘉六(ほそかわ・かろく、1888~1962)太平洋戦争史(年表)日本評論社[株]岩波書店[株]風にそよぐ葦小森田 一記刑事補償請求谷萩 那華雄那珂 孝平嶋中 雄作黒田 秀俊海野 普吉酒井 寅吉畑中 繁雄水島 治男青山 鉞治細川 嘉六美作 太郎小林 勇青地 晨

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

横浜事件の関連情報