鈴木道彦(1)(読み)すずき みちひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木道彦(1) すずき-みちひこ

1757-1819 江戸時代後期の俳人。
宝暦7年生まれ。陸奥(むつ)仙台の人。医を業とし,かたわら俳諧(はいかい)を加舎白雄(かや-しらお)にまなぶ。師の没後,江戸俳壇の有力者となった。句集に「蔦本(つたのもと)集」など,選集に「道彦七部集」(妻の応々編)がある。文政2年9月6日死去。63歳。名は由之。別号に金令舎,十時(ととき)庵など。
【格言など】家二つ戸の口見えて秋の山(「蔦本集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android