コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木道彦(1) すずき みちひこ

1件 の用語解説(鈴木道彦(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木道彦(1) すずき-みちひこ

1757-1819 江戸時代後期の俳人。
宝暦7年生まれ。陸奥(むつ)仙台の人。医を業とし,かたわら俳諧(はいかい)を加舎白雄(かや-しらお)にまなぶ。師の没後,江戸俳壇の有力者となった。句集に「蔦本(つたのもと)集」など,選集に「道彦七部集」(妻の応々編)がある。文政2年9月6日死去。63歳。名は由之。別号に金令舎,十時(ととき)庵など。
【格言など】家二つ戸の口見えて秋の山(「蔦本集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴木道彦(1)の関連キーワード石田春律プラッシーの戦白粒岩ロスバハの戦い鈴木道彦道彦鈴木道彦鈴木道彦鏡新明智流おらが春

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone